古川琴音主演のホラー映画『みなに幸あれ』異様な雰囲気を放つ場面写真解禁

1

2023年12月07日 10:00  ORICON NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

映画『みなに幸あれ』(2024年1月19日より全国順次公開) (C)2023「みなに幸あれ」製作委員会
 俳優の古川琴音が自身初めてとなるホラー映画の出演で主演を務めた映画『みなに幸あれ』(2024年1月19日公開)より、異様な雰囲気を放つ登場人物たちを捉えた場面写真が解禁となった。

【画像】新たに解禁された映画『みなに幸あれ』場面写真

 本作は、2021年日本で唯一のホラージャンルに絞った一般公募フィルムコンペティション「日本ホラー映画大賞」(主催:KADOKAWA)にて大賞を受賞した下津優太の同名短編映画を、『呪怨』シリーズや『犬鳴村』などの村シリーズで知られる清水崇の総合プロデュースで長編化。下津監督の商業映画監督デビュー作となる。

 「誰かの不幸の上に、誰かの幸せは成り立っている」。人類の宿痾(しゅくあ)と言ってもいい根源的なテーマをベースに、とある村で、この世界の特異な成り立ちに疑問を持った古川演じる主人公が行動を起こすも、逆にどんどん追い込まれていき、「この世界にはある法則が存在する。それを知らないと死ぬことになる…。」という得体の知れない恐怖と対峙していく様を描く。

 解禁となった場面写真には、久々に訪ねた祖父母の家の2階の部屋を気にする様子の主人公・孫(古川)や、主人公の幼なじみ(松大航也)とともに裸の男を担ぎ、何かから逃げるように緊迫感を漂わせる姿と、何かを見て怯えるように肩をすくめる主人公の様子が。

 さらには腹部が不自然に膨らんだ祖母を、血を流しながらも家族全員で必死に支える組体操のような奇妙なシーン。そして、燃え上がる炎の向こうで、母親が肩を引き寄せるも、主人公の表情は歪み、悲しみと絶望をにじませ、その様子をポケットに手を入れたままただ平然と見つめる父親の姿も。どのシーンも思わず身震いしてしまうが、違和感と不可解な異様さが際立つカットの数々だ。

 すでに海外の映画祭で上映され、多くのホラーファンから高い評価を受けている本作。先日解禁された予告映像に対しても、SNS上では「何か、心の準備がいりそう」や「トラウマになる予告」、「めちゃくちゃキモくて最高」、「新たな傑作誕生の予感しかしない」といったコメントが見受けられ、期待が寄せられている。
    ニュース設定