シソンヌ・じろうが事件の“謎”を解決する 心霊ミステリードラマのセカンドシーズンが放送決定

3

2023年12月08日 06:30  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

シソンヌ・じろうが主演を務めるドラマ『心霊内科医 稲生知性2』(C)フジテレビ
 お笑いコンビ・シソンヌのじろうが、26日から4夜連続で放送されるフジテレビのドラマ『心霊内科医 稲生知性2』で主演を務めることが8日、発表された(※関東ローカル)。

【別カット】白衣に身を包み…少し陰鬱な表情を浮かべるじろう

 同ドラマは、今年3月に4夜連続で放送されたドラマ『心霊内科医 稲生知性』のセカンドシーズン。前作は、レギュラー枠ではない深夜の単発ドラマとしては異例の見逃し配信約70万再生(4話合計/ビデオリサーチ調べ)を記録するなど好評を博した。

 クールだがどこか抜けている、怨霊が見える“心霊内科医”稲生知性(いなお・ちせい)を演じるのは、コント師として高い評価を得ており、ドラマ・映画でも数多くの作品に出演してきたシソンヌのじろう。じろうは、前回の『心霊内科医 稲生知性』がドラマ初主演となったが、その後も『時をかけるな、恋人たち』(2023年10月期/カンテレ・フジテレビ系)で、タイムパトロール隊員の八丁堀惣介役を演じるなど俳優としても高い評価を受けている。

 また、じろう以外のレギュラーキャストの続投も決定。稲生に患者を紹介する同級生の精神科医・中岡俊子は伊勢佳世、「稲生心療内科」の受付係・小池志摩子は平田敦子、稲生の助手・高橋守(※高=はしごだか)役は歌舞伎俳優の中村鶴松が演じ、引き続き、数多くの舞台・映画・ドラマで活躍する俳優陣の熱演・怪演が物語を盛り上げる。そして、主題歌も前作で話題となったサカナクションの「フレンドリー」に決定した。

 前シーズンでは稲生知性(じろう)が数々の死の謎を解き明かしていく中で、ラストに助手である高橋守(中村鶴松)が“怨霊”であることが明かされたが、今シーズンでは、“なぜ高橋は死んだのか?”、“誰に殺されたのか?”、そして、“高橋が怨霊になった背景とは?”が描かれ、稲生と患者である人間と怨霊との激しい三つ巴(どもえ)の心理戦が繰り広げられる。

 都内にある古いビルの中に「稲生心療内科」という古びた看板が掲げられた診療所がある。診療所の主の名は稲生知性。医師免許を持った立派な心療内科医だが、稲生の元には、原因不明の身体の不調に悩む患者が訪れる。患者を連れてくるのは、稲生の医学部時代の同期で精神科医の中岡俊子(伊勢佳世)。中岡は、自らが経営する心療内科クリニックに訪れる患者の中で、自分の手には負えない患者を稲生の元へ案内するのだ。

 稲生は人とは違う能力を持っている。それは「患者に取り憑(つ)いた怨霊が見え、会話ができる」というもの。稲生が患者を診察するとすぐそこに怨霊の姿が現れる。身体の不調は怨霊がその患者に取り憑き、霊障を起こしていたことが原因だった。“心霊内科医”である稲生知性の診察方法は、人間と怨霊、両方に対する、徹底的な問診である。なぜ取り憑いたのか?または、なぜ取り憑かれたのか?

 原因は人間、または怨霊どちらかにある。怨霊が取り憑くには、必ず理由がある。しかし問題なのは、人間も怨霊も、本当のことを言っているとは限らないことだ。怨霊はこの患者に殺されたと訴える。しかし患者に聞くと殺してなどいないと無実を訴える。嘘(うそ)を吐(つ)いているのは人間か?それとも怨霊か?まるで刑事か探偵か弁護士のように患者と怨霊、双方の言い分を聞いて、どちらが嘘を吐いているのか暴き、真相を突き止めていく。稲生と患者、そして怨霊の心理戦が始まる。

■放送日時
第1夜 12月26日(月) 深夜0時25分〜同0時55分
第2夜 12月27日(火) 深夜0時05分〜同1時35分
第3夜 12月28日(水) 深夜0時50分〜同1時20分
第4夜 12月29日(木) 深夜0時55分〜同1時25分
※いずれも関東ローカル

このニュースに関するつぶやき

  • 面白そうじゃん(笑)
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定