篠原涼子“凛子”弁護士生命の危機、山崎育三郎“怜”が動き出す 『ハイエナ』最終話あらすじ

0

2023年12月08日 07:01  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『ハイエナ』第8話より篠原涼子、山崎育三郎 (C)テレビ東京
 俳優の篠原涼子と山崎育三郎がW主演を務める、テレビ東京ドラマ8『ハイエナ』(毎週金曜 後8:00)最終話(第8話、8日放送)の場面写真とあらすじが公開された。

【写真】弁護士役を演じる八木勇征

 今作は、2020年に韓国でヒットした弁護士ドラマ『ハイエナ-弁護士たちの生存ゲーム-』を日本版として初リメイク。勝つためなら手段を選ばない雑草魂の弁護士・結希凛子(篠原)と法曹一家に生まれたエリート弁護士・一条怜(山崎)の対照的な2人が、生き馬の目を抜くような生存競争&ラブストーリーを繰り広げる。

■第8話あらすじ

岸田一真(上杉柊平)の無罪を勝ち取るため、凛子、怜らが一丸となって奔走する。そんな中、凛子はチンピラに襲われるが、なんと父親の信夫(嶋田久作)が凛子をかばい腹部を刺されてしまう。重傷を負った信夫はそのままICUへ――。

岩澤謙吉(マキタスポーツ)は新海健一(高橋克典)に対し、凛子への襲撃は新海の差し金ではないかと電話で問い詰めるが、新海は否定。逆に凛子のハニートラップの件で脅迫してきた岩澤に、自分の力をもってすれば何でもできると豪語。「今すぐクビになるか何もなく過ごすか選べ」と言い放つ。だが岩澤はハニートラップの件を弁護士会に告発していた。

怜を呼び出した新海は「凛子は過去の数々の不祥事が原因で、弁護士資格を剥奪(はくだつ)される可能性がある」と怜に告げる。救いたい怜に「裁判を成功させろ」と新海はあおる。

怜から自分の弁護士生命の危機を知らされた凛子は、初めて怜に自分が弁護士になった経緯を打ち明ける。それを聞いた怜は、絶対に辞めさせないと決意。2人はますます力を合わせて勝訴へと向かって動き出す。

だが怜は、無罪獲得のために必要不可欠な一真の協力がまだ得られていない。「あなたにしかできない戦法がある」という凛子からの助言を胸に、怜は、これまででは考えられない“ある手段”で再び一真への説得を試みる―一。一方、凛子は金子が出した証拠の日記に気になることがあった。

こうして迎えた裁判当日。タッグを組み協力し合った凛子と怜は、どんな弁護を展開させるのか。凛子の弁護士生命はいかに。さらに、2人の恋の行方は?全てにおいて、鮮やかな“どんでん返し”を見せることができるのか。
    ニュース設定