クリスマスにバカリズム手がける『ノンレムの窓』第5弾 森七菜、滝藤賢一、斎藤工ら集結

0

2023年12月09日 05:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『ノンレムの窓』に出演する(左から)森七菜、滝藤賢一、斎藤工(C)日本テレビ
 脚本家としても活動するお笑い芸人・バカリズムによる新作ショートショート『ノンレムの窓』第5弾が、日本テレビ系で25日午後10時から放送される。今回は、俳優の森七菜、滝藤賢一、斎藤工が主演を務める3つの物語を届ける。

【場面写真】制服姿で写真を撮る森七菜

 2022年4月に誕生した『ノンレムの窓』は、独創的な世界観とウィットに富んだ笑いを織り交ぜ、珠玉のストーリーを生み出すバカリズムワールド全開のオムニバスドラマ。“夢と現実”“現実と非現実”の狭間を行き来する 不思議な世界観となっている。

 バカリズムは、原案・脚本のほか、窓先案内人としてドラマの幕間に登場する。斉藤由貴が演じる顔を一切見せない謎の女性との不思議なかけ合いも見どころとなる。さらに、今回の幕間には、大物俳優が扮(ふん)したサンタクロースも登場する。果たして誰なのか。

 バカリズムが脚本を担当する第1話『野崎さんの夢』では、芸能界を夢見る主人公・野崎早苗(18)を森七菜、物語のキーマンでもある、野崎の同級生・伊藤典子は小野花梨が演じる。卒業と同時に大手芸能事務所に入ることが決まっている野崎の元に「野崎さん、卒業したら東京でモデルさんになるって本当?」と同級生の伊藤がやって来るところから始まる。

 第2話『れんあいそうかんず』は、ヨーロッパ企画の左子光晴と上田誠が脚本を担当する。愛する妻と小学1年生の娘を持つ主人公・山岸俊樹を滝藤賢一が演じる。妻・山岸夏生は堀内敬子、娘・しまは、『ブラッシュアップライフ』のヒロイン・近藤麻美(安藤サクラ)の幼少期“チビ麻美”を演じ、話題になった令和の天才子役・永尾柚乃(7)が務める。家族3人は、幸せな日々を過ごしていたが、娘の「れんあいそうかんず」を見てしまい、思いもよらない方向へ向かう。

 第3話は、世界中で話題になった配信ドラマ『サンクチュアリ-聖域-』の脚本を手がけた金沢知樹氏が担当する『デスゲーム』。とにかく金が必要な男女6人の元に「ゲームを開催いたします。あなたを絶望から救うクリスマスプレゼントになるかもしれません」という謎の招待状が届く。「さぁ、ゲームを始めよう」と聖なる夜に開幕するデスゲームを主催する謎のディーラーを斎藤が演じる。デスゲームに参加する日田友一を岡山天音、ディーラーの秘書・小瀬桃花を蓮佛美沙子、佐世保はネプチューンの堀内健が演じる。

【キャストコメント】
■森七菜(野崎早苗役)
――出演が決定して
ものすごくうれしかったです。バカリズムさんが脚本を書かれたドラマ『ブラッシュアップライフ』や配信されている作品などをちょうど見ていたので、すごいタイミングと思ってご縁を感じました。

――『野崎さんの夢』について
バカリズムワールドは不思議でした。自分たちでは普通に会話しているつもりでも傍から見たら違う見え方をする。『野崎さんの夢』はタイトルにもありますが、芸能界入りを夢みて頑張っている女の子で、その夢がどうなっていくのかみなさんに楽しんでいただきたいです。小野さんとは、以前お会いしたことがあり、ずっとご一緒したかったです!今回初めて一緒にお芝居をして、高校3年間ずっと同じクラスだった感じが花梨さんのおかげで出せたと思います。長いせりふを一連で撮影するシーンもありましたが、花梨さんのおかげで一緒に乗り越えられました。

――視聴者へのメッセージ
25日のクリスマスの夜に、食卓を囲みながら家族団らんで『ノンレムの窓』を見ていただけたら絶対に楽しめると思うのでぜひご覧ください。

■滝藤賢一(山岸俊樹役)
――出演が決定して
バカリズムさんの世界観が詰まった『ノンレムの窓』、その中で今回はヨーロッパ企画・左子さん、上田さん脚本の作品に出させていただくのは初めてなので、とてもうれしかったです。楽しみにしていました。

――『れんあいそうかんず』について
共感できるなと思ったのは、娘に好きな子ができて、その子を授業参観のときに探してしまうというのは親としてあるなと思いました。実は娘役を演じた柚乃ちゃんとは、彼女が1歳半の初現場で同じ現場でご一緒したことがあります。

――視聴者へのメッセージ
クリスマスなので、家族みんなで見ていただけたらとてもうれしいです。とっても見やすくてキュートでポップな作品になっていますし、斎藤工さんと森七菜ちゃんの作品もものすごく面白いので多くの方に見ていただきたいです!メリークリスマス!!

■斎藤工(謎のディーラー役)
――出演が決定して
これまでの『ノンレムの窓』シリーズを拝見していたので、この世界に入れることがとてもうれしかったです。脚本の金沢知樹さんとは古くからのお付き合いなのですが、役名に九州の地名を付けるなど金沢さんらしさが隅々にあると思いました。キャラクターを演者さんにしっかり渡してくれる脚本だったので、自分だけじゃなく、自肩が強い役者さんが集まってこの作品に挑めました。自分の役割をすごく明確に捉えて現場にみなさんいらっしゃっていたので、脚本と現場の解像度が“金沢知樹の世界”なのかなと思いました。

――『デスゲーム』について
どうやってこの世界を撮影されるのだろうと事前にはなかなか想像ができなかったです。共演の役者さんたちだったり、この環境だったり、美術、撮影、照明、衣装、メイクなど、すべての部署の方たちが同じ方向を目指している作品だったので、迷いはまったくなく演じられました。みなさんのキャラクターが色濃くて、短期間での撮影ならではの化学反応があったなと思います。

――視聴者へのメッセージ
聖なる夜にふさわしいのかふさわしくないのかわからないですが、現実のような非現実のような、非常にあいまいな時間を僕も日ごろ過ごしている感覚があるので、眠っているのか起きているかその間のような、みなさんも心当たりのある不思議なエンターテインメントを聖なる夜に味わっていただけたらうれしいです。
    ニュース設定