『THE W』王者の紅しょうが・熊元プロレス“因縁”せいやの第1子誕生祝いは「拳で(笑)」

0

2023年12月09日 22:54  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

紅しょうが(左から)熊元プロレス、稲田美紀 (C)ORICON NewS inc.
 女性芸人の中から一番面白い“笑いの女王”を決定する、日本テレビ系『女芸人No.1決定戦 THE W2023』が9日に生放送(後7:00〜後9:54)。紅しょうがが7代目王者に輝き、優勝賞金の1000万円と「日テレ人気番組出演権」「冠特番」を獲得した。4年連続5度目の決勝進出となった紅しょうがが、史上最多となる863組の頂点に立った。優勝後に行われた会見では、熊元プロレスが“因縁”の霜降り明星・せいやに関する質問を受け、堂々と答えた。

【動画】壮絶?紅しょうが・熊元プロレス“因縁”せいやとの殴り合い

 熊元プロレスとせいやは“犬猿の仲”として、バラエティー番組などでも“ガチンコ勝負”を繰り広げているが、せいやがきのう8日に第1子が誕生。優勝賞金の使い道として「せいやさんへの出産祝いは?」と向けられるも、熊元は「そこは拳で」とニヤリと予告した。一方のせいやも、自身のX(旧ツイッター)で優勝を祝福しながら「紅しょうが優勝おめでとう。女王なっても殴り合ってな」としたためた。

 紅しょうがは、熊元と稲田からなるコンビで、2014年に結成。『THE W』では2020年に準優勝を果たすなど、実力は折り紙付きで、悲願の優勝となった。最終決戦の結果は、紅しょうがが4票、エルフが2票、スパイクが0票となった。

 MCは、後藤輝基の代役で山里亮太が急きょ担当し、水卜麻美アナとタッグを結成。審査員は、川島明(麒麟)、田中卓志(アンガールズ)、塚地武雅(ドランクドラゴン)、哲夫(笑い飯)、友近、野田クリスタル(マヂカルラブリー)が務めた。

 2017年にスタートした同大会は「WOMAN(女性)」と「WARAI(笑い)」の頭文字“W”を取って命名。女性という参加条件を満たせば、プロアマ、芸歴、人数、年齢を問わず、自由度の高い“女芸人の祭典”。漫才、コント、一人芝居、モノマネ、パフォーマンスなどジャンルは何でもアリの異種格闘技戦を展開する。

 決勝戦の対戦方式は、12組のファイナリストたちが4組ずつABCブロックに分かれて、1本目のネタを披露。審査員6人と視聴者のデータ投票「国民投票枠」の合計7票で、暫定1位と挑戦者のどちらが面白かったかを決める勝ち残りノックアウト方式を採用する。3つのブロックを勝ち抜いた3組で最終決戦を行い、同じく審査員6人と国民投票枠の合計7票で優勝者を決定する。

 これまで、第1回(2017年)ゆりやんレトリィバァ、第2回(2018年)阿佐ヶ谷姉妹、第3回(2019年)3時のヒロイン、第4回(2020年)吉住、第5回(2021年)オダウエダ、第6回(2022年)天才ピアニストが優勝に輝いた。


動画を別画面で再生する



    ニュース設定