『どうする家康』大竹しのぶ、サプライズ出演 “セリフなし&1シーンのみ”の異例出番

56

2023年12月10日 20:45  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

大河ドラマ『どうする家康』の場面カット(C)NHK
 嵐の松本潤が主演する大河ドラマ『どうする家康』(毎週日曜 後8:00 NHK総合ほか)の第47回「乱世の亡霊」が10日に放送され、「茶々を見守り続けた乳母、大野治長の母」大蔵卿局を演じる大竹しのぶがサプライズ登場を果たした。

【写真】この1シーンだけ…大物俳優が異例のサプライズ登場

 今作が初大河となる松本は、誰もが知る偉人・徳川家康を演じる。国を失い、父を亡くし、母と離れ、心に傷を抱えた孤独な少年・竹千代は、今川家の人質として、ひっそりと生涯を終えると思っていた。しかし、三河(みかわ)武士の熱意に動かされ、弱小国の主(あるじ)として生きる運命を受け入れ、織田信長、武田信玄という化け物が割拠する乱世に飛び込む。そして豊臣秀吉、黒田官兵衛、真田昌幸、石田三成と次々と現れる強者(つわもの)たちと対峙し、死ぬか生きるか大ピンチをいくつも乗り越えていく。

 大竹が演じた大蔵卿局は、茶々の乳母。秀吉亡きあと、大坂城に入った家康から息子の大野治長ともども追放され、家康に恨みを持つ。大坂冬の陣の和睦交渉には、豊臣方の交渉役の一人として立ち会う…という役どころ。

――大蔵卿を演じるにあたり、どんな気持ちで臨まれましたか
去年の大みそか、潤君が「紅白歌合戦」に出演する直前に、私のラジオ番組に出てくれたんです。その時、皆さんより一足先にドラマのDVDをもらって第1回を見たのですが、彼がこの大河ドラマの主役を演じるにあたって、相当な覚悟を持ってチャレンジしているっていうのがわかったので、ぜひ応援したいな、私にできることはあるかな、と考えていたんです。ですから、こうしてお声がけいただいて、潤君が一生懸命取り組んでいる作品に出られることを、友人としてとてもうれしく思いました。

――出演が決まって、松本さんと何か言葉を交わしましたか
セリフがある役でもないですし、1シーンだけの役なんですけれども、「自由にやっちゃってください」みたいなことは言われましたね(笑)

――セリフがなく、目線と表情だけのお芝居はいかがでしたか?
セリフがないお芝居というのは、すごく面白いですね。セリフがないからこそ、あまりやりすぎず、臭くならないようやりたいなというのもありますし、私が出ている前のシーンからの流れと、その次のシーンへの流れも考えて、お芝居を作れればいいなと。監督から、それほど細かいリクエストはなかったのですが、「最後のほう、ガッカリみたいな表情を出してください」と言われたので、そこは意識しました。

――視聴者の皆さんにメッセージ
私は作品作りの最後のほんのひとときに関わっただけですが、スタッフ、キャストの皆さんが1年半、本当に頑張って、闘って、つくり上げてきた作品だと思います。それが報われるのは、やっぱり見てくださる方がいてこそ。私たち俳優もスタッフも、視聴者の皆さんがいてこそ成り立つものだと思います。私が言うのもおこがましいのですが、この1年、ご視聴くださいまして、ありがとうございます。そして、お疲れ様でした。

このニュースに関するつぶやき

  • 通行人などのエキストラとは格が違いますね〜台詞なしの役は難易度高いと思うけど余裕ですね
    • イイネ!5
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(33件)

ニュース設定