田中将大『下剋上球児』にサプライズ登場 「本物!?」とネット驚く

2

2023年12月10日 21:54  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

日曜劇場『下剋上球児』の場面カット(C)TBS(撮影)ENO
 俳優の鈴木亮平が主演を務める、TBS系日曜劇場『下剋上球児』(毎週日曜 後9:00)の第9話が10日に放送され、プロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルス・田中将大投手がサプライズ登場を果たした。

【写真多数】鈴木亮平、黒木華、小日向文世ら…豪華キャストを一挙紹介

 第9話は、いよいよ運命の準決勝の日がやってきた。エース・翔(中沢元紀)を控えに回し、根室(兵頭功海)を先発で起用するという南雲(鈴木亮平)の判断に戸惑いながらも、負けられない戦いへ向けて静かに覚悟を決める部員たち。しかしそんな中、山住(黒木華)が脇腹の痛みを悪化させ、病院へと運ばれてしまう。

 そして始まった試合では、賀門(松平健)率いる星葉高校もこれまでとは違う布陣で挑んでくることに。想定外の出来事の連続にミスを連発する越山高校。焦る部員たちを前に南雲が打つ手とは? 越山高校は決勝へ進むことができるのか!?

 そんな中、何やら重大な懸念を抱えている様子の丹羽(小泉孝太郎)は、犬塚(小日向文世)たちにある相談を持ちかけていた…というストーリーだった。

 田中は、野球解説者役として物語序盤にサプライズ登場。視聴者からは「本物!?」「田中マーくんまで出てくるのスゴ まじの高校野球観てるみたい…」「マー君ドラマ出てるやん」「え!!!!下剋上球児に田中マー君出てるやん!出るの知らなかった!!」「県大会の解説にマー君(笑)」などの声が寄せられている。

 本作は、高校野球を通して、現代社会の教育や地域、家族が抱える問題やさまざまな愛を描く、ドリームヒューマンエンターテインメント。物語の核となり作品を盛り上げる球児キャスト12人は、約半年間のオーディションを経て選抜。『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』『最愛』『MIU404』『アンナチュラル』などを手掛けた新井順子プロデューサーと塚原あゆ子監督。多くのドラマファンに愛される名タッグと、2人の作品の脚本をこれまでも数々手掛けてきた奥寺佐渡子がストーリーを紡いでいく。

このニュースに関するつぶやき

  • 安楽「俺も出演したい」
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定