反町隆史主演『グレイトギフト』佐々木蔵之介、尾上松也ら豪華キャスト一挙解禁 見取り図・盛山は連ドラマ初レギュラーに

27

2023年12月12日 06:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

来年1月期ドラマ『グレイトギフト』出演キャスト(C)テレビ朝日
 俳優の反町隆史が主演し、波瑠が共演するテレビ朝日系木曜ドラマ『グレイトギフト』(来年1月18日スタート 後9:00)の共演者が一挙解禁された。

【画像】反町隆史&波瑠がタッグ!『グレイトギフト』メインビジュアル

 完全オリジナルとなる同作の脚本は、“令和のヒットメーカー”黒岩勉氏が務める。“完全犯罪の殺人”を可能にする未知の殺人球菌「ギフト」をめぐるノンストップの“サバイバル医療ミステリー”。

 殺人球菌「ギフト」が体内に侵入すると、まもなく患者は死亡。その後、球菌は完全消滅し、死因は急性心不全としか診断できなくなる…。そんな世にも恐ろしい球菌を発見したことで、うだつの上がらない大学病院の病理医・藤巻達臣(反町)の人生は激変。院内で勃発する「ギフト」をめぐる熾烈な権力争い、そして「ギフト」による謎の連続殺人。藤巻は殺人球菌をめぐる陰謀の渦に飲み込まれ、図らずも権力の階段を駆け上がることになる。

 藤巻と協力関係を結ぶのが、佐々木蔵之介が演じる心臓外科医・白鳥稔(しらとり・みのる)。物語の舞台となる明鏡医科大学付属病院の教授で、凄腕の外科医でもある彼は、患者ファーストのより良い医療を追求する人格的にもS級のトップドクター。

 佐々木は「どんな世界に飛び込めるのか、どこに連れて行っていただけるのか…。出演オファーを頂いた時から、とても楽しみでした」と声を弾ませ、視聴者に「どこかゲーム感覚で見ていただけたら」と呼びかける。

 明鏡医科大学付属病院の理事長・奥野信二役は、坂東彌十郎。理事長選で白鳥を下した彼は不遜な性格で、院内の不審死についても藤巻に対し、高圧的に隠ぺいを指示。感染拡大を危惧し、「ギフト」の存在を公表しようとする藤巻の前に、大きな壁となって立ちはだかる。

 そんな奥野の腹心として暗躍するのが、筒井道隆が演じる事務長・本坊巧(ほんぼう・たくみ)。一方、白鳥の腹心である心臓外科の医師・郡司博光は津田健次郎が演じる。

 また、小野花梨が演じるのは、藤巻と同じ病理部に所属する検査技師・奈良茉莉。そんな奈良に片想いをしているのが、今回初めて連続ドラマへのレギュラー出演を果たすお笑いコンビ・見取り図の盛山晋太郎が演じる病理医・伊集院薫。いつもチャラついている男だが、藤巻のことを心の底では見下している。

 そして明日海りおが演じるのは、藤巻の妻・藤巻麻帆。夫婦仲は冷え切っているものの、重い心臓病を患って明鏡医科大学付属病院に入院している麻帆を助けたい一心で、治療の道を探り続ける藤巻…。やがて彼女の存在は、「ギフト」の発見と同等の凄まじい影響力をもって、藤巻の人生を大きく揺るがしていく。

 一方、倉科カナが演じる会員制ラウンジ「アルカナム」の謎多きオーナー・安曇杏梨(あずみ・あんり)も、さまざまな男たちの人生に大きく関わっていく。

 謎が謎を呼ぶ「ギフト」による連続殺人事件。そこに鋭い捜査のメスを入れるのが、尾上松也が演じる元警視庁捜査一課の刑事・神林育人(かんばやし・いくと)。男手ひとつで育ててきた娘が心臓病を患い、看病に専念するため警務部厚生課・職員相談支援センターに異動した神林。しかし、娘が入院した明鏡医科大学付属病院で続発した不審死に、元刑事の勘が反応し、捜査を始める。

 さらに本作には、明鏡医科大学付属病院の看護師長・鶴下綾香役で片山萌美、杏梨が経営する会員制ラウンジ「アルカナム」のボーイ・立花佑真役で市川知宏、藤巻の娘・あかり役で藤野涼子、神林と共に連続不審死を捜査する警視庁捜査一課の刑事・月足修平(つきあし・しゅうへい)役で濱正悟、神林の娘・琴葉役で中島瑠菜も出演が決定している。

このニュースに関するつぶやき

  • 筒井道隆に尾上松也て……「ミステリという勿れ」の二人だね。
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(11件)

ニュース設定