松下奈緒『必殺仕事人』最新作で16年ぶりの“女性仕事人”に「驚きとうれしさでいっぱい」

206

2023年12月12日 07:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

スペシャルドラマ『必殺仕事人』最新作に出演する松下奈緒(C)ABC・テレビ朝日・松竹
 俳優の松下奈緒(38)が、29日午後9時から放送のABCテレビ・テレビ朝日系スペシャルドラマ『必殺仕事人』の最新作に出演することが決定した。松下は、同シリーズで水川あさみが演じた玉櫛以来、16年ぶりの誕生となる“女性仕事人”を演じることとなり「“ずっと見てきた世界の一員になれるなんて!”という驚きとうれしさでいっぱいです」と喜んだ。

【写真】新メンバー加入!東山紀之、松岡昌宏、知念侑李ら『必殺仕事人』

 1972年の『必殺仕掛人』スタート以来、藤田まことさん演じる中村主水をはじめとするさまざまなキャラクターたちが、悪を成敗する痛快さで愛され続け、50周年を迎えた“必殺シリーズ”。主演の東山紀之をはじめ、松岡昌宏、知念侑李、和久井映見ら仕事人たちが、世にはびこる悪をスカッと成敗する痛快エンターテインメント時代劇が、節目を迎えた今年も放送される。

 松下が演じるのは髪結い師・棗(なつめ)。はたして棗は、渡辺小五郎(東山)、経師屋の涼次(松岡)、リュウ(知念侑李)、花御殿のお菊(和久井)ら4人の仕事人と、どんな出会いを経て仕事人の一員になるのか。『必殺仕事人』に出演するにあたり、「ずっと見ていたので、参加することができて、大変うれしく思っています。非常にミステリアスで魅力的な女性・棗がどんなふうに物語に絡んでいくのか…ぜひ楽しみにしていてください」と語った。

 髪結い師の棗は、夫が商売相手にだまされ自ら命を絶ったというつらい過去をもち、ひっそり生きている女性。芝居小屋の踊り子たちから指名の途切れない腕利きだが、胸に秘めた恨みが消えることはなかった。

 仕事人として生きる決意を固めた棗の得物は、髪結い師ならでは、髪の毛を束ねる紐・元結(もとゆい)。「これでどうやって仕事をするんだろうと、想像もつかなかった」と語った松下だが、元結や、刀などの武器を手に、美しく、激しく、そしてド派手な立ち回りを披露する。

■松下奈緒(棗役)コメント全文
初めて『必殺仕事人』に参加することができて、“ずっと見てきた世界の一員になれるなんて!”という驚きとうれしさでいっぱいです。ファミリーの中に入れていただくことは、大変光栄ではありましたが少し不安でもありました。長年一緒にやってこられた東山さんはじめ、キャストの方やスタッフの方に温かく迎えて頂きました。ご一緒するシーンの多い松岡さんは、さりげなく「必殺」についていろいろと教えてくれました。初めてアジトのセットで撮影したときは、あまりのかっこよさにニヤニヤが止まりませんでした。東山さんをはじめ、皆さんの去り方もかっこよくて、私もこんなふうに演じたいと思いました。
そして、早めに殺陣や立ち回りのお稽古もさせていただきましたが、初めてのことばかりなので、本当にイチから教わりました。普段しない動きや姿勢など、想像以上に大変で驚きましたが、監督がかっこよく見える瞬間を切り取ってくださるので、必死に食らいついていこうと思って撮影に臨みました。
私が演じる棗は、抱えているものが多く、ミステリアスな女性です。最初は喜怒哀楽もはっきり出さないんですが、普段の髪結い師としての顔と、仕事人として“覚悟”したときの顔は、目の動きひとつにしても違う。監督とお話しながら演じさせていただけてありがたかったです。監督をはじめ、バイタリティーにあふれたスタッフの皆さん、キャストの皆さん…『必殺仕事人』を愛して熱い気持ちをもった方々と一緒にいられるというぜいたくな撮影現場では、発見と勉強の連続で、充実した日々を送ることができました。
1カット1カットがすごく美しいですし、誰かを思う気持ちや、抱えている悲しみなど、時代劇であっても必ず寄り添えるところがあるのが『必殺仕事人』の魅力だと改めて感じました。その世界の中で、棗がどんなふうに物語に絡んでいくのか、ぜひ楽しみにしていてください。

■東山紀之(渡辺小五郎役)コメント
今回仕事人として登場する松下さんは、ピアノも素晴らしいと思っていましたし、清楚なイメージをもっていました。仕事人は、やはり汚れ役なので、きっと覚悟をもってこの撮影に臨まれたんだと思いますので、僕はその思いも受け止めていきたいですね。劇中でも、小五郎が“棗はそういう覚悟をもてるのか”と試していくことになりますので、そういった関係性にも注目していただきたいです。松下さんが殺しをするシーンを拝見したんですが、激しくもあり、かっこよくもあり、とてもハマッていました。また、撮影現場で拝見していると、見事に適応されているなという印象でした。最初は誰もが熱の高いこの現場の雰囲気に戸惑うと思うんですが(笑)、松下さんは、いろいろなことをきちんと受け止めてらっしゃったので、安心しました。
そして石原監督とのタッグも16年目になります。監督はカメラマン出身で、数々の女優さんを美しく撮ってきた方なので、画が本当に素晴らしいんです。なので、僕らはその画の中にきちんと収まるようにする、ということが一番大事だと思っています。そういった先輩たちが築き上げてきた『必殺仕事人』が50周年を迎え、さらに新しい仕事人を迎えます。新たな局面を迎える今作も、ぜひご覧ください。

このニュースに関するつぶやき

  • 東山はどうやって退場するのかな? 殉職?
    • イイネ!35
    • コメント 9件

つぶやき一覧へ(135件)

ニュース設定