来年大河『べらぼう』新キャスト6人発表 主演・横浜流星を囲む豪華な顔ぶれ

66

2024年02月21日 12:30  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

横浜流星 (C)ORICON NewS inc.
 俳優の横浜流星が主演を務める、2025年に放送予定のNHK大河ドラマ『べらぼう〜蔦重栄華乃夢噺〜』の追加キャスト6人が発表された。

【写真多数】高橋克実、中村蒼ら…新キャスト6人を紹介

 放送100年を迎える2025年は、日本のメディア産業、ポップカルチャーの礎を築き、ときに“お上”に目をつけられても“面白さ”を追求し続けた人物“蔦屋”こと、蔦屋重三郎が主人公。親なし、金なし、画才なし……ないないづくしの“江戸のメディア王”として時代の寵児になった快楽児・蔦屋は、文化隆盛の江戸時代中期に喜多川歌麿、葛飾北斎、山東京伝を見出し、日本史史上最大の謎の一つ“東洲斎写楽”を世に送り出す。脚本は森下佳子氏が担当。江戸時代の版元で浮世絵師の喜多川歌麿や葛飾北斎を世に出したことで知られる蔦屋重三郎の生涯を描く。

 高橋克実が演じる駿河屋は、吉原の引手茶屋(客に遊女を紹介する案内所)“駿河屋”の主。両親に捨てられた、幼い蔦重(横浜)を養子にして育てあげた。蔦重の商売に対する姿勢と才覚には一目置いている。

 中村蒼が演じる次郎兵衛は、吉原を代表する引手茶屋・駿河屋の実子であり、蔦重の義理の兄。吉原に向かう手前の五十間道で茶屋の経営を任されてはいるが、実際の切り盛りは蔦重が行っている。蔦重は、その軒先を借り、貸本屋も営んでいる。次郎兵衛は、はやりもの好きでおしゃれに敏感、自由気ままな性格と、いわゆる「放蕩息子」。

 正名僕蔵が演じる松葉屋は、代々“名妓”としてその名を江戸中に轟かす「瀬川」を輩出してきた老舗妓楼の主。花の井(小芝風花)ら数多くの遊女を抱え、花魁から禿まで、その数は50人以上とも。吉原の顔役で町の決め事を取り仕切る。

 山路和弘が演じる扇屋は、松葉屋とともに吉原を取りまとめる妓楼の主。「墨河」という号を持ち、俳句、和歌、画などを嗜む教養人で遊女たちにも和歌や書を習わせ、花扇、滝川といった名妓を育てた。

 伊藤淳史が演じる妓楼主は、伊勢から江戸へ出て最底辺の河岸見世の遊女屋の経営から始め、中見世の妓楼に店を拡大・成長させた経営手腕を持つ。経費削減のため、女郎に安い カボチャばかり食べさせたことから“カボチャ”のあだ名を持ち、“ドケチ”として江戸中に知られ、子どもたちの口ずさむ歌にもなったといわれている。

 六平直政が演じる半次郎は、茶屋・蔦屋の向かいにある蕎麦屋“つるべ蕎麦”の主。幼いころから蔦重や次郎兵衛を見守ってきた。

このニュースに関するつぶやき

  • いずみの悲惨な人生とか油そば屋のどーでもいい人生なんかの大河ドラマやればいいのに(笑)まあ、絶対誰も見んが。。。^^やはり、戦物ではないと視聴率は稼げんよ!
    • イイネ!6
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(45件)

ニュース設定