テレ朝全情報番組が参画「未来をここからプロジェクト」 サンドウィッチマン&影山優佳ら出演『ミライクリエイター』も放送決定

1

2024年02月22日 07:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『発進!ミライクリエイター』MCを務めるサンドウィッチマン(C)テレビ朝日
 テレビ朝日が、2020年10月から継続的に取り組んでいる『未来をここからプロジェクト』では、さまざまな番組を通して“未来”を応援しているが、今年も「より良い世界」と「新たな未来」を見据えた集中企画が展開される。

【写真】サンド富澤、二階堂ふみのバックハグに大照れ

 今回は23日〜3月3日の10日間にわたって、同局の全報道情報番組が参画し、『未来をここからプロジェクト×SDGs』ウィークを開催。「気候変動」や「エネルギー危機」など地球レベルの大問題を身近な視点で掘り下げながら、SDGsを広く深く見据えた企画や特集を発信する。

 ウィーク初日の23日に放送される『大下容子ワイド!スクランブル』(前10:25)では「身近なえんぴつの話題」を取り上げる。鉛筆製造で出る大量の木材ゴミを活かす・再利用する・未来につなげる下町工場の心意気とは。

 これを皮切りに、平日の26日〜3月1日の1週間を中心に、帯の報道情報番組が独自企画を展開。『グッド!モーニング』では、『林修のことば検定スマート』で環境問題や教育などSDGsに関連する「ことば」クイズを出題。また、『羽鳥慎一モーニングショー』では「被災地でも活躍する水技術」に迫る。

 続いて、『大下容子ワイド!スクランブル』でも「石川から平和を訴えるウクライナ人僧侶」など、さらに多様な話題を届ける。『ANNニュース』では「新しい栽培法で挑む農業の新しいカタチ」や「陸上養殖」といった食糧問題から、「アバターで人手不足を解消」など新技術を使った働き方改革まで、幅広いニュースを展開する。

 また、夕方の『スーパーJチャンネル』では、能登半島地震でも注目を集めた「制震ダンパー&トレーラーハウス」といった防災をテーマにした特集や、「孤食と戦う僧侶食堂」など、人に寄り添った未来への提案を。そして『報道ステーション』では「未来の都市交通 自走式ロープウェイ」や、「世界初民間人が宇宙ステーションに長期滞在!?」など、未来を見据えたテーマを特集する。

 土日の各番組でも特集を届ける。25日放送の『サンデーステーション』(後9:00)では、「業務スーパー創業者が挑む地熱発電の取り組み」を紹介。これまでもずっと取材を重ねてきた山口豊アナウンサーが、同プロジェクトが全国展開に至るまでの一部始終を余すところなく伝える。

 同じ25日放送の『サンデーLIVE!!』(前5:50 ※一部地域を除く)では、松岡修造が超極薄太陽光発電フィルム「ペロブスカイト」を取材。さらに翌週3月3日放送回では、世界初の「水素ホテル」を特集する。

 土曜日も『しあわせのたね。』(9:55 ※一部地域を除く)の24日放送回で「おいしいイチゴを無駄なく活用したスイーツを作る女性」、3月2日放送回で「昔ながらの着物を活かして、オシャレなひな人形を作る女性」を取材。

 また、3月2日は『人生の楽園』(後6:00)の1時間スペシャルも登場。今回は佐賀県唐津市沖に浮かぶ人口49人の「松島」を舞台に、イタリア料理店を開いた男性と家族の絆を取材する。さらに兵庫県・城崎温泉に伝わる「麦わら細工」を受け継ぐ39歳女性の奮闘物語も伝える。

 同日の『サタデーステーション』(後8:54)では、「台湾再生可能エネルギーの最前線」を特集。日本と同じように自然災害が多い台湾で、いま急速に進む再エネへの取り組み、そこから見える日本の“未来”とは。再エネ取材を重ねた山口アナウンサーが伝える。また、『ANNスーパーJチャンネル』(後5:30 ※一部地域を除く)では牛のげっぷから出るメタンを劇的に減らす“謎の海藻”を特集していく。

 そしてサンドウィッチマンがMCを務め、世界や日本の未来を変えるかもしれない若きミライクリエイターを紹介する『発進!ミライクリエイター』の第8弾も、2日午後10時から放送。今回はサンドウィッチマンに加え、スタジオゲストとして脳科学者の中野信子、国際ジャーナリストのモーリー・ロバートソン、影山優佳も出演。日本の未来を変えるAI技術に迫る。

このニュースに関するつぶやき

  • アカヒに未来無し。合掌
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングエンタメ

前日のランキングへ

ニュース設定