吉村昭『雪の花』が小泉堯史監督により映画化 江戸時代末期に天然痘と闘った実在の町医者役に松坂桃李

1

2024年02月22日 07:03  ねとらぼ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

一人の医者の勇気と献身を描いた吉村昭さんの歴史小説『雪の花』が映画化

 江戸時代末期に種痘の普及に尽力した実在の町医者を描いた吉村昭さんの歴史小説『雪の花』が、『博士の愛した数式』などで知られる小泉堯史監督により映画化。主演に松坂桃李さん、共演に役所広司さんと芳根京子さんを迎え、2025年1月24日の全国公開が明かされました。


【画像】明かされたメインキャスト


 吉村昭が1988年に発表した『雪の花』(新潮文庫刊)は、江戸時代末期を舞台に、天然痘と闘った一人の町医者の実話を描いた歴史小説。天然痘の確実な予防法が異国から伝わったと知った福井藩の町医者・笠原良策が、京都の蘭方医・日野鼎哉に教えを請い、私財を投げうち種痘の苗を福井に持ち込んだ史実を基にした物語です。


 映画の監督を務めるのは、黒澤明監督に長く師事した小泉堯史さん。黒澤監督の遺作脚本「雨あがる」で監督デビューを果たし、「博士の愛した数式」や司馬遼太郎の時代小説を映画化した「峠 最後のサムライ」などの作品で知られています。


 笠原良策役には、松坂桃李さん。「侍戦隊シンケンジャー」で俳優デビューを果たし、映画「新聞記者」では第43回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞。2023年はTBS系ドラマ「VIVANT」や映画「ゆとりですがなにか インターナショナル」に出演してきた松坂さんは、映画「居眠り磐音」(2019年)以来の時代劇に挑戦しています。また、良策を支える妻・笠原千穂役には芳根京子さん。小泉監督作品には「峠 最後のサムライ」以来の2度目の出演で、松坂さんとは「居眠り磐音」以来2度目の共演です。


 京都の蘭方医・日野鼎哉(ひのていさい)役には役所広司さん。小泉監督とは「峠 最後のサムライ」以来のタッグで、松坂さんとは「孤狼の血」「VIVANT」など5度目の共演となります。


●松坂桃李コメント


 非常に身が引き締まる思いです。時代劇に参加するのは『居眠り磐音』以来。約5、6年の時間がたっていますが、小泉堯史監督のもとで 演じさせてもらえるということが、僕にとっては非常に光栄でした。そして、今回、再共演となる役所広司さんはじめ、すてきなキャストの方々と共演させてもらえたのは何より心強かったです。分からないもの程怖いものはない、そんな未知の病と戦った一人の町医者がつないだ希望。懸命に命と向き合う笠原良策の姿を『雪の花』という作品を通して観ていただきたいです。


●役所広司コメント


 小泉監督の作品にはどんな形でも参加したいと思っていたので、声をかけていただき是非参加させてほしいとお答えしました。松坂くんとは何度かご一緒していますが、良策という役は本当に心の澄み切った青年で、松坂くんにぴったりだと思いました。今の時代があるのも、いろいろな人たちが命を懸けて頑張った結果なのだろうなと、そんな想いをこの映画を通して感じていただきたいです。


●芳根京子コメント


 小泉堯史組に参加するのは2度目だったのですが、千穂という素晴らしい役に呼んでいただけてとても光栄でした。と同時に、自分に務まるのかすごく不安でしたが、小泉監督から優しさと強さを大切にしてほしいと導いていただきました。今回は殺陣や太鼓、調薬など撮影前から毎日必死に役作りを準備してきましたが、時間をかけた分より丁寧に演じられたと思います。


 松坂桃李さん演じる良策ともすてきな時間を積み重ねることができました。


 こういった歴史があるから今があるということを是非感じていただきたいです。


●小泉堯史監督コメント


 映画監督として、歴史の上で出合った実在の人物は、『明日への遺言』の陸軍中将・岡田資。『峠 最後のサムライ』の長岡藩家老・河井継之助。そして、この度の『雪の花』福井藩町医者・笠原良策。


 いづれも、己を無に帰し、事に当たった男達。


 小林秀雄さんは『無私の精神』で、次のように書いています。


 「実行家として成功する人は、自己を押し通す人、強く自己を主張する人と見られがちだが、実は反対に、彼には一種の無私がある。空想は孤独でも出来るが、実行は社会的なものである。有能な実行家は、いつも自己主張より物の動きの方を尊重しているものだ。現実の新しい動きが看破されれば、直ちに古い解釈や知識を捨てる用意のある人だ。物の動きに順じて自己を日に新たにするとは一種の無私である」と。


 江戸末期、福井に生きた町医者・笠原良策に、無私の美しい精神を感じます。努力を積み重ね、勇気を持ち、己を捨てて誠実に働く良策の姿は、永遠に価値ある歴史を生み、現在に生きる私達の心に、強く働き懸けてくれます。歴史は、決して進歩するものではありません。歴史は自然とともに、いつも同じものと戦っているのです。


 今や、品位をあえて失わせようとする文化が、消費と手を結び、勝手気ままに振る舞っています。それによって破壊されるのは、道義的な美しさです。言葉や行ないの立派さは、美しさがあればこそ、時の移り変わりに、耐えることができると謂います。


 良策との出合いは、歴史を鑑とし、少しでも良きものになれるかもしれないと、私達に希望や勇気を示し、道をすがすがしく照らしてくれるのでは、と思っています。


(C)2025映画「雪の花」製作委員会


    ニュース設定