鈴木愛理、11年ぶり『アップトゥボーイ』ソロ表紙「大丈夫?あと1ヶ月で30歳ですから(笑)」

0

2024年02月22日 08:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『アップトゥボーイ vol.336』で表紙を飾る鈴木愛理
 歌手・俳優の鈴木愛理(29)が、22日発売のアイドルグラビア誌『アップトゥボーイvol.336』(ワニブックス)の表紙&巻頭グラビアに登場。4月に30歳の誕生日を控え、20代ラストに11年ぶりに単独で同誌の表紙を飾った。

【別カット】これぞ最強アイドル!満面の笑みを向ける鈴木愛理

 恋愛バラエティー『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日)でMCを務め、3月20日には最新アルバム『28/29』をリリースするなど、今や歌手という枠だけに収まらずに活躍中の鈴木。

 2002年にハロー!プロジェクト・キッズオーディションに合格し8歳で同誌に初登場して以来、どのグループ、どの世代においても絶対的なアイドル性を放ってきた鈴木愛理が、ライブ会場さながらのシチュエーションで“最強アイドル”の姿を見せた。またこれまでのグラビアを振り返りながら、過去・現在・未来と“愛理的アイドル論”を繰り広げたロングインタビューも掲載する。

 第2特集は、ハロー!プロジェクトOGによる豪華『M-line スペシャル』。まずは、“佐藤優樹×植物”がテーマの10ページグラビア。約1年ぶりの登場となる彼女が、大好きなグリーンに囲まれながら、新たな表現に挑戦。インタビューでは2024年は“本気でいく!”宣言も飛び出した。

 そのほか、宮本佳林、稲場愛香×小関舞、森戸知沙希、牧野真莉愛などが登場する。

●鈴木愛理インタビュー(一部抜粋)
「今回のテーマを聞いたとき、大丈夫? って一瞬思いましたよ。だってあと1ヶ月ちょっとで30歳ですからね。挑戦だな、と(笑)」

――あえてお願いしたかったんです! “アイドルが憧れるアイドル”を体現してきた鈴木愛理だからこそ表現できる“アイドル”を見せて欲しかったんです。そのため衣装もこの日のためだけに製作しました!!

「二十歳まで、ずーっと写真集を撮って頂いていたチームだからこそできたと思うんですけど、そのせいで最初は変なドキドキもあり(笑)。でも不思議なもので、当時のことを筋肉が覚えていて、感覚的にベスポジにピントがあったときに“ピキーン”ってなる感じがしたんです。その何とも言えない緊張感と、“THEアイドル”的な衣装との相乗効果で、このグラビアはより神聖なものになったと思います。“アイドル”とは、凄く上品で繊細なものだということ。それを作品として落とし込められたことが嬉しいです」

――10代は学生生活と並行してアイドルとしても走り続けていたけど、20代の10年間はいかがでしたか?

「10代は苦悩もありつつ本当にがむしゃらに頑張っていて、℃-ute卒業頃はメンバーともいい距離感になり、グループとしていちばん充実していたかもしれません。でも解散、ハロー!卒業後は10代同様葛藤の日々でした。それがあるとき、“人が求めてくれていることを全力でやるのが私なんだ!”と思え随分変わっていきましたね。“愛理ちゃん見ると元気が出る!”なんて言ってもらえれるのがいちばん嬉しい。その言葉が自信になりステージに立つと、自分が持っているパワーを全力で届けたい!! と感じる。あらためて“アイドル”は、私にとって“天職”なんだと思います」
    ニュース設定