日テレ、4月期のドラマ制作を見送り 漫画原作予定の未発表作「小学館と協議の結果」と説明

2

2024年02月22日 10:50  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

日本テレビ(C)ORICON NewS inc.
 日本テレビは22日、4月クールに放送予定だった小学館の漫画原作ドラマの制作を見送ると発表した。

【画像】芦原妃名子さん死去…小学館編集者のコメント全文

 同局は「4月期ドラマとして、小学館の漫画原作の作品を予定しておりましたが、小学館と協議の結果、4月期としての制作を見送ることにいたしました」とコメントした。同作については、タイトルやキャストなど未発表だった。

 昨年10月期に小学館の漫画原作の『セクシー田中さん』を放送。ドラマ終盤の脚本を原作者・芦原妃名子さん自身が執筆し、これに対する反響などを受け、今年1月26日、芦原さんは自身のXに「今回のドラマ化で、私が9話・10話の脚本を書かざるを得ないと判断するに至った」経緯を長文でつづり、その後投稿を削除の上、29日に急逝した。

 同局は2月15日に「芦原妃名子さんに哀悼の意を表しますとともに、ご遺族の皆様に心よりお悔やみ申し上げます」とし、「日本テレビは今回の事態を極めて厳粛に受け止め、これまで独自に社内調査を行っておりましたが、原作漫画『セクシー田中さん』の出版社であり、ドラマ化にあたって窓口となっていただいた小学館にもご協力いただき、新たに外部有識者の方々にも協力を依頼した上、ドラマ制作部門から独立した社内特別調査チームを設置することにいたしました。早急に調査を進め、真摯に検証し、全ての原作者、脚本家、番組制作者等の皆様が、より一層安心して制作に臨める体制の構築に努めてまいります」と伝えていた。

■「日本いのちの電話」
ナビダイヤル:0570-783-556(午前10時〜午後10時)
フリーダイヤル:0120-783-556(毎日・午後4時〜午後9時/毎月10日・午前8時〜翌日午前8時)

このニュースに関するつぶやき

  • ことの経緯を考えたら彼女を死に追いやった原因は、著作権の問題とSNSの問題と大きく分けて二つある。両方とも糾弾しないと解決しない。誰も己の罪から逃れることはできない
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定