2005年発売のデジカメで今の渋谷を撮ったら? →古めかしい画質で「ちいかわ」が登場、混乱する人続出

160

2024年02月23日 12:03  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

ある日のスクランブル交差点。DVDに焼いたホームビデオみたいな画質

 約20年前のデジカメで、最近の渋谷を撮った動画が不思議です。ムードは当時っぽいのに風景だけ新しくて、感覚がおかしくなる……。


【画像】2005年画質の「ちいかわ」


●最近なのに懐かしい雰囲気の映像に脳が混乱


 投稿者の瀬戸弘司さんは、主にガジェットを扱うUUUM所属の動画クリエイター。今回は富士フイルムが2005年3月に発売した「FinePix F710」を使用し、スクランブル交差点など今の渋谷を撮影しました。


 プレスリリースによると、このカメラの動画性能は、640×480ピクセル(30フレーム毎秒)のSD画質。高解像度のモニターやスマホで再生すると粗さがより際立ち、古いニュース映像のような雰囲気を醸します。


 それでいて、映っているのはIKEAの看板やらちいかわのオブジェやらがある最近の渋谷。BGMの「蛍の光」も手伝って、あり得ない懐かしさを呼び起こす映像は、「本当に2005年かと思った」「当時のMV感すごい」「ミレニアム感ある」「ちいかわでようやく分かった」などと、X(Twitter)に混乱をもたらしています。


画像提供:瀬戸弘司さん


このニュースに関するつぶやき

  • 初めてCASIOのQV10を買った時には、楽しくて撮りまくってましたわ。
    • イイネ!26
    • コメント 10件

つぶやき一覧へ(102件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定