櫻井翔、兼近大樹&満島真之介と「グループみたいな」写真撮影 デビュー曲のタイトルも

0

2024年02月23日 18:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

24日放送の日本テレビ系『メシドラ 兼近&真之介のグルメドライブ』より(C)日本テレビ
 嵐の櫻井翔が、24日放送の日本テレビ系『メシドラ 兼近&真之介のグルメドライブ』(毎週土曜 前11:55※関東ローカル)にゲスト出演する。

【番組カット】晴天過ぎる!3人+1でグループ結成?

 同番組は、兼近大樹(EXIT)と満島真之介が、台本も仕込みもなく、おいしいものを食べにいく旅番組。今回は、茨城・牛久をめぐる。

 櫻井が待っていたのは「牛久シャトー」。明治36年に建てられ、国の重要文化財にも指定されている雰囲気のあるレンガ造りの洋館の前で“イケパラ”風タイトルコールでスタートする。

 最初に立ち寄ったのは、キャベ焼きやお好み焼きの店「元やきそば家」。おこのみ&マヨネーズ、デミグラス、カレーの3種類のソースから選べるキャベ焼きにチーズをトッピングしてテイクアウトする。移動中の車内に充満したソースのにおいに耐えられず、櫻井と兼近の2人が車内でキャベ焼きをほおばる。あまりのおいしさに櫻井は、口元についたソースも気にせずに朝イチからすごい勢いでキャベ焼きを食べる。1番おいしかったのは「ビサでデミ」だった。

 キャベ焼きに大騒ぎしていた3人の目に飛び込んできたのは、全長120メートル、総重量4000トンの牛久名物「牛久阿弥陀大仏」。あまりの大きさに圧倒されながらも、絶好の大仏日和に3人で記念撮影する。写真を見た櫻井は「おおー!フォーショット!」、満島も「これ何?グループみたいなんだけど!」と大興奮。兼近はデビューシングルは「南無阿弥!」と勝手にプロデュースする。

 次の店に向かう車中の話題はラーメン論。ラーメン好きで共感した櫻井と兼近は好きなラーメンの種類やスープを飲み干した後の丼の底に現れるメッセージ、ラーメンアプリの話などで盛り上がるが、ラーメン好きならではの悩みもあるという。櫻井が「30超えてくるとちょっとラーメンビビり始めない?」と問うと、兼近は「そうなんっすよ!(毎日ラーメン食べてると)体調もあんまり優れなくなって」と話す。

 次に3人が見つけたのは「ヤマイチ味噌。3代続く味噌蔵の名物「味噌ソフトクリーム」で乾杯してアイスクリーム論を語る。互いに好きなアイスクリームの話で盛り上がった後、満島は「でもこの年になって食べるアイスは子どもの時と食べ方が違う」、兼近は「なんか幸せが足りてないって言うのかな」、櫻井は「お酒飲んで、コーヒー飲んで、アイス買ってる」と妙にしんみりする。

 続いて、牛久で45年愛される昔ながらの町中華「中国料理千成亭」に向かう。地元の人人々と触れ合いながら計7品を注文。料理を待つ間、今度はマンガ論を展開する。昔、読んでいたマンガの話で大いに盛り上がってから絶品中華を満喫する。

 最後の店は「サイトウコーヒー」。ここで櫻井が「さっきの町中華で自分的No.1を『せーの』で言いたい」と提案する。それに対して「オッケーオッケー」「いいっすね」とふたつ返事で同意する満島と兼近。今回の旅の代金を誰が支払うか決めるゲームが決定する。笑って歌ったメシドラの代金は、誰が払うのか。

    ランキングエンタメ

    前日のランキングへ

    ニュース設定