広瀬アリス、大門剛明の小説『完全無罪』をドラマ化 監督はドラマ「MOTHER マザー」などの大森立嗣

4

2024年02月25日 06:08  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真

 大門剛明さんによるリーガルミステリー小説『完全無罪』が7月にWOWOWプライム(WOWOWオンデマンドで配信)で連続ドラマ化。映画「星の子」やドラマ「MOTHER マザー」で知られる大森立嗣が監督・脚本を、WOWOWドラマ初出演となる広瀬アリスさんが主演を務めます。


【画像】


 同作は、21年前の少女誘拐殺人事件で冤罪が疑われている容疑者の再審裁判に携わる、若手弁護士・松岡千紗(広瀬さん)を主人公としたヒューマンミステリー。松岡自身も事件で監禁された被害者の1人であるという境遇を抱えながら容疑者と対峙し、事件の真相に迫る姿が描かれます。


 広瀬さんは今回のキャスティングに「このお話を頂いた時、今までにやったことのない役柄、作品だったので、29歳の自分がこの作品をやれることをずっと楽しみにしていました」とコメント。


 「監督は一連で撮っていかれるので、セリフ量は勿論、専門用語もたくさんある中、緊張感と沢山の刺激を頂き、日々学びながら、とても充実しています」と撮影を楽しんでいることを明かしています。


 監督の大森さんは、自ら全5話の脚本を担当。「この作品が今、世界とこの国で起きている、戦争、移民、ジェンダー、世代間、あるいは不寛容さなどのあらゆる分断に一筋の光を。そう願って今撮影に臨んでいます。完成を楽しみにしていてください」と呼びかけています。


このニュースに関するつぶやき

  • MOTHERは2が好き
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定