井浦新、“大切な恩師”若松孝二監督を演じる「最大のギャグ楽しんで」

0

2024年02月25日 22:34  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

井浦新(左から3番目)らが登壇した映画『青春ジャック 止められるか、俺たちを2』の完成披露上映会の模様
 俳優の井浦新が25日、都内で行われた主演映画『青春ジャック 止められるか、俺たちを2』(3月15日公開)の完成披露上映会に登壇した。

【集合ショット】完成披露上映会に登壇した井浦新&東出昌大ら

 同作は1980年代を舞台に、故・若松孝二監督が名古屋に作ったミニシアター「シネマスコーレ」を巡る、映画に魅せられ、映画愛に人生を「ジャック」された人たちの群像劇。独立プロの看板を最後まで下ろさず、映画を武器に世の中を撃ち続けた若松監督を、前作に続いて井浦が熱演。東出は「シネマスコーレ」の支配人・木全純治を演じた。上映会には井浦のほか、東出昌大、芋生悠、杉田雷麟の主要キャストが井上淳一監督とともに舞台あいさつに立った。

 冒頭、若松監督を演じた井浦が「僕を俳優・井浦新へと育ててくれた大切な恩師を演じるという最大のギャグを楽しんでください」と口火を切ると、東出が「社会問題を考えさせるような難しい映画が多い時代ですが、これは爽快な気分になる作品。ぜひ、隣を気にせず大いに笑ってください」と言葉をつないだ。

 本作は若松孝二に弟子入りし、映画に青春を捧げた監督・脚本の井上氏の自伝的物語でもある。井上を演じた杉田は「監督の目の前で本人を演じるっていうのはすごいプレッシャーだった」と明かしつつ、信頼関係を築くまでを振り返った。本作で唯一、架空の存在を演じた芋生は「女性監督がほとんどいないあの時代に、映画監督になろうとしたことや在日コリアンという出自など、さまざまな背景を抱えて葛藤する女性」だと自身の役どころを説明した。

 その上で、井浦から「この作品の成功は若い2人(芋生・杉田)にかかってるよ、負けるなよ」とクランクイン前にエールを送られたこと、さらに現場で芝居に悩んでいた時には、東出から「セリフを一度忘れて、何も考えずに動いてごらん」とアドバイスを受けたことを明かし、「その通りにやってみたら、本当に違う光景が広がっていたんです」と撮影の日々を振り返った。

 作品のオファーを受けた時のことを問われた井浦が「真っ先に思い浮かんだのが(前作を監督した)白石さんの顔」と語ると、東出が「僕も、“え、あの続編をやるの?”って思いました。僕自身、前作のファンでしたし、あの作品からあふれるキャストスタッフのすさまじい熱量を考えると…」と本音を吐露した。

 井上監督も「東出さんからは、前作をどうすれば越えられるのか想像の翼を広げながら脚本を読んだとメールをもらって、想像の翼を広げなければ前作は越えられないってことじゃんと思って、俄然、本気になりました」と語った。

 「やるならば、トコトンやらせてもらう」と腹を括った井浦は「このタイトルの言葉の意味を考えた時、お前たち、止まるなよ、と言われているように感じていた」と振り返った。

 俳優たちは声を揃えて、現場での井上の「はしゃぎっぷり」を指摘。東出は「映画少年になって嬉々としていた井上さんが、撮影のラスト近くの重要なシーンでは、“よーい!シュート!”って、いきなり若松さんの口まねをし始めたんです。うわー、青春しているなあって」と笑顔で語り、青春の映画として成立させるために、本作では若い2人をバックアップする側に徹しようと思っていたと明かした。
    ニュース設定