日向坂46、11thシングルで初の選抜制を導入 センターは四期生・正源司陽子「やれることは全力で精一杯尽くす」【フォーメーション一覧】

20

2024年02月26日 01:31  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

日向坂46・四期生の正源司陽子 (C)ORICON NewS inc.
 アイドルグループ・日向坂46の11枚目シングル(4月10日発売/タイトル未定)のフォーメーションが、25日深夜に放送されたテレビ東京『日向坂で会いましょう』で発表された。同シングルでは、グループ初の選抜制が採用され、センターは四期生の正源司陽子(17)が務める。

【動画】日向坂46「お待たせ!」9ヶ月ぶり11thシングルティザー映像

 日向坂46のシングルは、前作「Am I ready?」(昨年7月発売)以来9ヶ月ぶり。22年9月に加入した四期生が初めて表題曲に参加することとなり、選抜メンバー16人が発表された。四期生からは正源司のほか、藤嶌果歩(17)、宮地すみれ(18)、平尾帆夏(20)、山下葉留花(20)の5人が選抜入りした。

 正源司は「びっくりしすぎて、かなり今感情と情報が追い付いてないですけど、選抜発表が終わったあとすぐに、丹生さんと加藤史帆さんと同期の宮地がすぐに寄ってきてくれて、やさしいなとすごく思いました。私が加入してから今日まで何かグループに貢献できたことはあるのかと言われると全然何も思い浮かばなくて…」と心境を吐露。

 続けて「新しい日向坂46でも全員輝いていて、ずっと楽しい最高のグループだと安心して思っていただけるように頑張りたいと思います。日向坂46の新体制になってファンの皆さんもどうなってしまうんだろうと心配になってしまうかもしれないですけど、やれることは全力で精一杯尽くすので、これからも応援よろしくお願いいたします」と決意をにじませた。

 今作は初回仕様限定盤TYPE-A〜D(いずれもCD+Blu-ray)、通常盤(CD)の5形態。

■日向坂46 11thシングルフォーメーション
3列目:佐々木久美、東村芽依、平尾帆夏、山下葉留花、上村ひなの、富田鈴花
2列目:河田陽菜、藤嶌果歩、丹生明里、宮地すみれ、松田好花
1列目:佐々木美玲、小坂菜緒、正源司陽子、金村美玖、加藤史帆

このニュースに関するつぶやき

  • ひらがなひなたでも作ろうか。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(11件)

ランキングエンタメ

前日のランキングへ

ニュース設定