『オモウマい店』お椀からごはんが突き出る“マンガ盛り” 店主は「少ないの嫌や」「盛って盛って」

2

2024年02月27日 07:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

27日放送『オモウマい店』=ごはんのタワーが崩れてしまうギリギリまで盛っていく“マンガ盛り”(C)中京テレビ
 中京テレビ・日本テレビ系『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』(毎週火曜 後7:00)きょう27日放送回では「“盛る”大好き店主のごはん約5.5合の“マンガ盛り”とは!? 店主自ら魚を釣って提供“ブリのドキドキセット”」のエピソードを届ける。

【オモウマ写真】規格外…器から麻婆豆腐が漏れ出す“マーボーチキンカツ丼”

 徳島県徳島市にある、「おいしい魚が食べられる」と評判のオモウマい食堂。人気の“ハマチ刺身定食”は、ハマチの刺身19切れだけでなく、サクサクに揚げたチキンカツが3個も付く。そのボリュームに訪れた人は驚きを隠せない。

 ごはんの量が多いほどお得なのもこの店の特徴で、約1.2合の普通盛りだと価格は750円、約3合の大盛りだと850円、約5.5合、お椀からごはんが突き出る「マンガ盛り」だと1050円となる。はじめて「マンガ盛り」を見たパートさんは「正気かな?」と思ったそうだが、店主は「少ないの嫌や」「盛って盛って」と、ごはんのタワーが崩れてしまうギリギリまで盛っていく。

 ほかにも、日替わり定食として提供されていた“マーボーチキンカツ丼”(750円)は、チキンカツ120グラムの上に、麻婆豆腐をたっぷりとかけたもの。“名前の決まっていないランチ(マンガ盛り)”(1300円)は、徳島県産グレのあぶりに、コショウダイとハマチの刺身、さらに唐揚げとチキンカツが2個ずつ付く。極めつけは “ハマチ一匹定食”(1000円)で、お皿に盛られたハマチの刺身はなんと4柵分。

 「ハマチ一匹か、楽しいな」とうれしそうに話す店主は「盛る」のが大好きで、ごはんの大盛りやマンガ盛りが注文されるのを心待ちにしている。自慢の魚は市場で仕入れたもののほか、自ら海で釣ったものも使っており、釣果が良ければその分、盛りも増えるそう。取材スタッフから「儲けたいか、盛りたいか?」という質問にも対しても、店主は「盛りたいな」とあっさりと答える。

 さらに。取材スタッフは、「店主自ら魚を釣って提供する」店ということで、2022年12月に取り上げた「うどん割烹三代目木村屋(大阪府大阪市)」へ再訪。和歌山県産天然ブリを、カルパッチョ、お造り、天ぷら、あら炊きで楽しめる“ブリのドキドキセット”(990円)をはじめ、放送後もうどん屋ながらブリ料理が大人気。

 そのブリは、店主自ら週末に和歌山へ出かけ、長い時間をかけて釣り上げたものを使っている。「絶対釣らないといけない。プレッシャー」と語る店主の釣りの現場に再び密着。一番釣果が悪くなるという真冬の時期に、果たしてブリはヒットするのか。

このニュースに関するつぶやき

  • こういう安すぎる店って独占禁止法の不当廉売に当たらないの?
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定