明日海りお「新しいケミストリーが生まれる」 不朽の名作「王様と私」で北村一輝と初共演【インタビュー】

0

2024年02月27日 08:10  エンタメOVO

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

エンタメOVO

明日海りお(ヘアメーク:中村未幸/スタイリスト:大沼こずえ(eleven.) (C)エンタメOVO

 1951年にブロードウェイで初演されて以来、脈々と演じ継がれる不朽の名作ミュージカル「王様と私」が、北村一輝と明日海りおのW主演で上演される。19世紀後半のシャム(現タイ)を舞台に国籍・文化・身分を超えた信頼と愛を描く本作は、「Shall We Dance?」をはじめ、名曲の数々がストーリーを盛り上げ、長きにわたって愛されてきた。宝塚歌劇団を退団して以降、舞台だけでなく、テレビほか映像においても活動の場を広げる明日海に、本作への意気込みや初共演となる北村の印象などを聞いた。




−出演が決まったときの心境を教えてください。

 とてもクラシカルで、ミュージカルファンなら誰もが知っている作品で、(メーンナンバーの)「Shall We Dance?」も聞いたことがない人がいないくらいポピュラーな楽曲ですが、 そういう作品こそ、技術や演じる人の持っている魅力が問われると思います。なので、私に務まるんだろうか、大丈夫かなという思いはありますが、小林香さんが新しく演出をしてくださり、新たに翻訳も訳詞も書いてくださって、王様役を北村さんが演じてくださることで、新しいケミストリーが生まれるのではないかととても楽しみにしています。

−現時点では、アンナという役をどのようにとらえていますか。

 今の社会においても、私と同い年の女性が、夫を亡くして、息子1人連れて海外で仕事を始めると聞いたら、すごい決断をされたんだなと感じると思います。それを海外にも船で行くような時代に、文化も違う国へ家庭教師として雇われて行くことを決めたアンナは、とても勇気がある人だと尊敬します。日本人の感覚で見ると、イギリス人のアンナは慇懃無礼(いんぎんぶれい)なところがあったり、王様に対しても自分の意見をはっきり言ったり、最先端をいく人なのだろうという感覚があります。でも、人はどう扱われるべきかといった理想をしっかりと持っていて、子どもに対してはとても愛情深い人です。それは、亡くなった夫のトムに愛されていたからだと思います。だからトムを亡くした後も、自分のすべきことを新しい場所でする勇気が持てた。その熱意と愛があるからこそ、王様と渡り合う度量が生まれるのだと今は考えています。

−アンナに共感するところはありますか。

 共感というよりは、すごいなと思うばかりです。もし、私だったら、夫が亡くなったら、そこからふさぎ込んでしまうと思いますし、なかなか異国の男性に囲まれて自分の意見をはっきりと伝えることはできないと思います。なので、本当に強い精神力の持ち主なのだろうと思います。ですが、だからと言ってキツさを感じさせる女性にはしたくないです。朗らかなところもあって、人間的な大きさもある人だと思いますし、王様と渡り合えるくらいなのでユーモラスな部分もたくさんあると思うので。すてきな方だなと思います。

−王様役の北村さんとは初共演だと聞いています。北村さんに対してはどのような印象を持っていましたか。また、その印象は実際に会ってから変わりましたか。

 映像の世界で長く活躍されていらっしゃって、お芝居に対してすごく熱い方だと色々な方から聞いていたので、こだわりをたくさんお持ちでいらっしゃるのかな、怖かったらどうしようなんて思っていたのですが、実際にお会いしたら、明るくてたくさんお話ししてくださる方で、とてもリラックスできました。今は甘えさせていただいています。本当に優しいんです。ポスター撮影の時にも、カメラマンさんから指示をいただくと、「そう言われると違うことしたくなっちゃうな」と笑いながらおっしゃるようないたずら心もお持ちで。そうして現場を盛り上げるお姿からも、きっとお客さまに喜んでいただくのが一番だという精神をお持ちなのだろうなと感じて、お稽古が楽しみです。私もそこを目指して自由に伸び伸びと演じさせていただくことが、より良い舞台につながっていくのかなとは考えています。

−ところで、この作品は19世紀後半のタイを舞台にしていますが、明日海さんは、タイにどんな印象を持っていますか。

 私、タイ料理が大好きなんです。なので、お料理の印象が強いですね。それから、この作品の映画版を見て、景色の美しさに感動しました。きっと独特の暑さや湿気があると思うので、できることなら現地に行ってその風を感じたいです。今回出演する俳優さんの中には、この作品への出演が決まって、実際にタイに行った方もいるんです。私は残念ながら今回は行けませんでしたが、いつか、絶対に行きたい場所です。

−では、国籍や身分を超えた2人の愛と信頼の物語という本作にちなんで、最近、明日海さんが愛しているものを教えてください。

 いつも言っていますが、愛猫です。家にいる時間がなければないほど、本当申し訳なさが募っています。ですが、それでも変わらず愛くるしい姿を見せてくれることがいとおしくて。いつでも駆け寄ってきてくれるし、甘えてくれる。全てが愛らしいです。なでているだけで癒やされます。ただ、長い時間いない日が続いた後に、昼間に家にいると居心地が悪いようで、「なんだよ」という顔をされるんです(苦笑)。そんな姿もまた、愛らしいんですが。そうやって一緒に暮らしてくれる猫がいて、私は良かったなと思いますし、とても大切な存在です。

−改めて、本作の見どころを聞かせてください。

 とてもクラシカルなこの作品に、今回、北村さんというすばらしい役者さんが出演されます。北村さんはミュージカル初挑戦ということなので、そういう意味でも新しいケミストリーが生まれるのではないかと思います。タイを舞台にした物語なので、他のミュージカルとはまた違った雰囲気もあり、幅広い年齢の方に楽しんでいただけると思います。劇場でご覧いただけるとうれしいです。

(取材・文・写真/嶋田真己)

ミュージカル「王様と私」は、4月9日〜30日に都内・日生劇場、5月4日〜8日に大阪・梅田芸術劇場メインホールで上演。


もっと大きな画像が見たい・画像が表示されない場合はこちら

    ニュース設定