伊原六花、地上波連続ドラマ初主演 『肝臓を奪われた妻』実写化で復讐に燃えるシングルマザー役「とても楽しみ」

13

2024年02月28日 05:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

日本テレビ「ドラマDEEP」『肝臓を奪われた妻』で主演を務める伊原六花(C)日本テレビ
 俳優の伊原六花が、4月スタートの日本テレビ「ドラマDEEP」『肝臓を奪われた妻』(4月2日スタート 毎週火曜 後0:24〜後0:54)で主演を務める。地上波連続ドラマ初主演となる伊原は、最愛の夫から騙され、裏切られ、復讐の炎を燃やすシングルマザーのヒロイン・北山優香(きたやま・ゆうか)を演じる。

【画像】復讐の炎を燃やすシングルマザーのヒロイン・北山優香(伊原六花)

 LINEマンガで累計閲覧数1億3300万ビューを超えた韓国発の人気漫画が原作。物語は、主人公・優香が理不尽に肝臓を奪われてしまうという衝撃的な展開から始まる。誰しもが応援したくなる痛快な復讐劇となっている。しかし、単なる復讐ドラマでは終わらない。最愛の人から裏切られ、他人を信じられなくなった優香が、それでも支えてくれた温かい人たち、守るべき我が子のために、もう一度、愛を信じ、前を向いて歩いていく成長物語となっている。

 幼少期に父親を亡くし、母親によって女手ひとつで育てられた優香は、母親の愛を一身に受け、献身的な元気で優しい子に育つ。そんな優香の夢は、「幸せな家庭を築くこと」。優香は、自分と似た境遇で育った家族思いの中村光星に惹かれ、付き合い始める。そして母親が息を引き取り、天涯孤独になった優香は、光星と結婚。光星の母親・聖子の肝臓移植のドナーになると名乗り出る。

 しかし、すべては義母への臓器移植のための偽りの結婚だった。離婚を強いられ、騙されたと知るが、光星の子どもを身ごもり、悩んだ末に出産し、1人で育てる決意をする。そして、肝臓を奪われてから5年の月日が経った日、光星と偶然の再会をする。母と息子を侮辱する光星やその家族に恨みの感情があふれ、中村家への復讐を決意する。

 伊原は「率直にとてもうれしかったです。役者としてもすごくやりがいのある役ですし、私にとってもチャレンジングな役になると思うので演じるのがとても楽しみです」と喜びのコメント。「復讐だけでなくその先にたどり着くものなど見えてくるのが私もワクワクしながら撮影に挑みたいなと思っております」と意気込んだ。

【コメント】
■伊原六花(北山優香役)
――「地上波連続ドラマ初主演」のオファーを受けた気持ちは
率直にとてもうれしかったです。ドラマDEEPでこれまで放送されてきた作品も見ていましたし、「消せない『私』―復讐の連鎖―」も志田彩良ちゃんがデビューの時から共演したりしていたので楽しんで見ていたんです。その枠でそして、火曜日へ移動になる第1弾の主演として機会をいただけたので大切に演じたいと思っています。

――主人公・北山優香(きたやまゆうか)役への想い、役の見どころ
「肝臓を奪われた妻」と伺ったとき、文字にパワーのある作品で心をグッとつかまれました。それと同時に“妻”、今年25歳になるということで、もう妻の役をやらせていただける年齢なんだなって驚きはありました。そして、母親役も初挑戦になります。私が演じる北山優香は、いい意味で普通に幸せに過ごしてきた女の子ではあるんですけど、作品のタイトルにもあるように肝臓を奪われてしまい、その出来事で人を信じることに素直になれなくなってしまうというところから復讐を通して、物語が始まっていきます。ただ、復讐だけでないのがこの作品のとても面白いところでもあります。この後の展開が楽しみになっていく1つのキーになるところだと思いますので後半まで楽しんで見ていただけるんじゃないかなと思います。

主人公・北山優香役を私に任せたいと思っていただけたのがとてもうれしいなって思う役でした。役者としてもすごくやりがいのある役ですし、私にとってもチャレンジングな役になると思うので演じるのがとても楽しみです。

――視聴者へメッセージ
「肝臓を奪われた妻」と聞いて復讐を思い浮かべる方もいるかと思いますが、この作品は復讐に至るまでの経緯もそうですし、復讐中の優香だったり、その間で出会う人との関係性だったりとかで、優香の状況や周りの環境がどんどん変わっていく作品になります。復讐だけでなくその先にたどり着くものなど見えてくるのが私もワクワクしながら撮影に挑みたいなと思っております。ぜひ、皆さんも楽しみにしていただけたらなと思います。

■Mama氏(原作 絵)
3年以上、汗をかいて描いた物語がドラマ化されると聞いて本当に感無量です。ダヨン(優香)に絶対幸せになってほしいという気持ちで完結まで走り続けましたが、ドラマも同じ気持ちで応援しながら見るようになると思います。この作品を読んでいただき、本当にありがとうございました!読者の皆さまの幸せと健康を祈ります!

■JYUN氏(原作 ストーリー)
日本でドラマ化だなんて、本当に夢のようで、ワクワクしています!すべて日本の読者の皆さまのおかげだと思っております。作品を楽しんでいただき、本当にありがとうございます。これからももっとがんばりますので、ぜひドラマも楽しんでください!

■桑原丈弥氏(日本テレビグローバルビジネス局スタジオセンタープロデューサー)
2024年4月、日本テレビの枠移動「ドラマDEEP」第1弾としてスタートする『肝臓を奪われた妻』。衝撃的なタイトルの本作は、LINEマンガ1憶3300万viewsを超える超人気作のドラマ化です。複雑な生い立ちながら、理想の人と幸せな結婚生活を送るはずだった主人公。夫に裏切られ、彼の病気の母親のために肝臓を奪われてしまう。そんな衝撃的な幕開けの物語は、壮絶な復讐ドラマへと変化していきます。

主人公・北山優香を演じるのは今もっとも注目されている若手俳優・伊原六花さん。フレッシュなイメージからは一転、復讐に燃えるシングルマザー役を演じます。彼女の、凛とした美しさと妖艶でありながらどこか切ない復讐劇は、今までのいわゆる「復讐モノ」とは一線を画すと確信しています。優香の復讐のその先に幸せはあるのか。さまざまな葛藤を抱えながらも、必死で立ち上がり前に進もうと足掻くその姿には、きっと誰しもが応援をしたくなるはずです。火曜プラチナイト枠、日本テレビのDEEPな深夜にぜひご期待ください!

このニュースに関するつぶやき

  • 自分に無縁と思っていたダンスに関心を持たせてくれたバブリーダンス。こういう形で活躍してくれたのはうれしい、頑張って。
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(9件)

ニュース設定