吉川晃司『徹子の部屋』で外傷性白内障の手術を初告白 “シンバルキック”は封印?「最終的な宣告は受けていない」

26

2024年03月01日 13:03  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

吉川晃司 (C)ORICON NewS inc.
 歌手で俳優の吉川晃司(58)が、3月1日放送のテレビ朝日系『徹子の部屋』(月〜金 後1:00)に出演。1月の下旬に外傷性白内障の手術を行ったことを初告白した。

【動画】58歳吉川晃司、”ほぼ素っ裸”で撮影!?見事な肉体美を披露

 吉川は「1月の下旬に手術をしました。ボクサーとか、デッドボールを受けた選手が…まぁケガですね」と症状について告白。「自分の場合は、右目が手術のときには、ほとんど真っ白で見えてなかったですね。『1.5』と『1.2』が、半年くらいで『0.0いくつ』になったんです。見えなかったので、運転もやめましたし、日常生活にも支障をきたしてきたので、執刀していただいたんですけど。」と明かした。

 当初は右目のみの手術予定だったが「執刀すると、見えている方(左目)がもっと悪かった。水晶体を支えている筋肉が強くて、結局両方変えていただいて」とコメント。「アクションもやってきましたので、思い当たる節は、多々ありまして」としながら、手術時間について「もう技術が発達しているので、ものの10分から15分くらいでした。もう、日帰りの時代です」と語った。

 代名詞の“シンバルキック”について「今後は『封印せざるを得ないかもしれないね』という段階で、きょうここに伺っている次第です。まだ最終的な宣告は受けていないんです」と笑顔。「基本は歌うためにコンサートをやっていますから、そこが一番大事なわけじゃないですからね。あとは、ほかになにか考えればいいや」と前向きに明かしていた。

このニュースに関するつぶやき

  • BE MY BABY
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(13件)

ニュース設定