矢沢永吉『MUSIC FAIR』60年の歴史で初のロケ収録 3000回SP第3弾で5曲熱唱

0

2024年03月01日 16:15  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『MUSIC FAIR』史上初のロケ2ヶ所とスタジオで計5曲を披露する矢沢永吉(C)フジテレビ
 放送60周年を迎える長寿音楽番組、フジテレビ系『SHIONOGI MUSIC FAIR』(毎週土曜 後6:00)放送3000回記念SP第3弾の16日放送回に、矢沢永吉(74)が出演することが発表された。

【写真】『MUSIC FAIR』史上初のロケも!計5曲を披露する永ちゃん

 1964年に放送開始となり、日本のレギュラー音楽番組としては最長寿の記録を誇る同番組では、3月2日から9週にわたってスペシャルプログラムを放送。16日放送の第3弾に矢沢の出演が決定した。

 矢沢が同番組に登場するのは2019年9月14日以来、約4年半ぶり。1986年12月14日の初登場から7回目の出演となる。

 オープニングは「But No」で幕開け。昨年行われた全国ツアーの勢いそのままに登場した矢沢は、自らギターを手に「ラスト・シーン」を披露。この2曲の収録は、矢沢のホームであり、ファンにとっての聖地でもある東京・赤坂の「DIAMOND MOON」で行われた。これは『MUSIC FAIR』60年の歴史上、初のロケ収録となった。

 続いてスタジオからは、1976年発表の名バラード「A DAY」を歌唱。装飾を極限までそぎ落とした空間で切々と歌い上げる。4曲目は1988年に発表され、今も高い人気を誇る「ニューグランドホテル」を、この曲のモデルとなった横浜のホテルニューグランドで歌う。歴史ある名門ホテルにさっそうと登場する矢沢のショートムービーから始まる世界観にも注目だ。

 ラストは、再びスタジオから名ロックナンバー「背中ごしのI LOVE YOU」。番組史上初のロケ2ヶ所、スタジオと場所を変えながら、熱いパフォーマンスで魅せる。

 演出の松永健太郎氏(フジテレビ バラエティ制作部)は「いつものスタジオ収録に加え、矢沢さんの原点とも言える小さなハコでのライブ、ショートムービーとも言える撮影など、様々なシチュエーションにトライしました」と説明。「矢沢さんから、これからも番組を続けるために、時に新しいことにチャレンジすることの勇気と大切さを学んだ気がします」とコメントしている。
    ニュース設定