長澤まさみ「自分のシワやほうれい線も好きなんですよ」 無理しすぎないライフスタイルが美の秘訣

1

2024年03月05日 16:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

12日発売の『美的GRAND』(小学館)に登場する長澤まさみ
 俳優の長澤まさみ(36)が、12日発売の『美的GRAND』(小学館)に登場。ナチュラル美肌を披露するほか“美容観”を語る。

【写真】春らしい爽やかな笑顔を魅せる長澤まさみ

 「シミやシワもあるのが今の自分ですし、見えるくらいのほうが私らしい気もして。私、自分のシワやほうれい線も好きなんですよ。年齢とともに肉が落ちてきたデコルテ周辺や、刻まれたシワも素敵に感じるし、人生観やライフスタイルが確立されている方は肌も美しく見えるのだと思う」(長澤)。

 そうはいっても、みずみずしく清らかな美肌の持ち主。疲れや寝不足が続くと気になるという肌のくすみの予防や解消には、「まずは食事」がモットーだそうで、小松菜や海藻類などくすみにも効果的な鉄分を含む食材を積極的に摂取。菓子の代わりにはフルーツやナッツを取り入れつつも、食べたくなったらポテトチップスも食べるなど、無理しすぎないライフスタイルが美の秘訣。インタビューではほかにも気になる美容事情について明かす。

 また、中ページでは、そんな長澤さんの魅力を引き立てるモノトーンの衣装に身を包んで登場。モードな白いスタイル&デコルテ全開のブラックドレスのスタイリッシュな着こなし、『GRAND』世代らしい大人ピンクなメイクにも注目だ。

 今月22日には、映画『四月になれば彼女は』が公開。長澤が演じるのは、佐藤健演じる精神科医・藤代の婚約者で、獣医の「弥生」。一途で深い愛を持ちながら、結婚目前にある日突然失踪する、難しい役を演じるにあたり、長澤の考える「愛」について、そこから人生観や仕事観についても語っている。

このニュースに関するつぶやき

  • それはまだ36だからなのであって、40代後半になると自分のシワが好きだとも言ってられなくなる(泣)私も30代の頃は全く気にならなかった。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングエンタメ

前日のランキングへ

ニュース設定