自民、東京・長崎で擁立断念=衆院補選、異例の決定

60

2024年04月02日 12:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

衆院の東京15区補選と長崎3区補選について発表する自民党の茂木敏充幹事長(左)。右は小渕優子選対委員長=2日午前、東京・永田町の同党本部
 自民党は2日、衆院東京15区と長崎3区の補欠選挙に関し、独自候補を擁立しない方針を決めた。派閥裏金事件の逆風が収まらない中、島根1区を含む3補選のうち二つで自民が候補を出さない異例の事態となった。

 衆院3補選は16日告示、28日投開票の日程で行われる。2選挙区の擁立見送りは、茂木敏充幹事長、小渕優子選対委員長らが党本部で協議して決めた。

 東京15区については、小池百合子都知事系の「ファーストの会」から出馬を予定する作家の乙武洋匡氏を推薦する方向で手続きを進める。

 茂木氏は記者団に対し、「わが党は信頼回復に向けた抜本的改革を進めている。補選でも有権者に向き合い、取り組みをしっかり訴えたい」と語った。 

このニュースに関するつぶやき

  • 安倍大臣は『自民党は人材の宝庫』と胸を張っていたが案外そうでもないんだな。あるいは晋三得意の勢いに任せて言っただけだったか。
    • イイネ!13
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(48件)

前日のランキングへ

ニュース設定