「地域ぐるみでなくそう! 川崎市」 経年劣化で「自虐」になってしまった啓発標語に戦慄「空白が怖い」

17

2024年04月13日 20:03  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

肝心な部分を赤で書くから……(画像提供:ゆづさん)

 神奈川県川崎市に掲示された標語が、自虐めいていると話題です。「地域ぐるみでなくそう! 川崎市」……って、自爆でもするのか?


【画像】文字が消える前の標語


●元のメッセージは


 この不穏な(?)標語があるのは市内にある交差点。「地域ぐるみで」という言葉からは、川崎市が自身を根こそぎ破壊せんといった勢いを感じさせます。


 もちろん市にそんな意図はなく、左側にある不自然なスペースから察するには、もともとは「地域ぐるみでなくしたい何か」が書いてあった様子。Googleストリートビューで過去の風景を追ったところ、2014年ごろまでは「路上禁煙 放置自転車」と、はっきり赤く書かれていたことが分かりました。


 その後、赤の塗料が紫外線を浴びて退色したようで、2021年ごろにはほぼ読めない状態に。目撃したゆづさんのポストで広まったこの風景は、X(Twitter)で「自虐かな?」「ネオ川崎市創設派の標語」「屋外の掲示物に赤で大事なことを書くのはやめよう」など、さまざまな反応を呼んでいます。


このニュースに関するつぶやき

  • 赤で描いたろ?って思ったら、やっぱりそうだった。赤のインクは染料を使うことが多く、大半は耐候性が極めて低い。黒とチタン白以外は殆ど消えると思った方が良い。
    • イイネ!7
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(14件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定