「花咲舞が黙ってない」、当時出演キャストの現在 フランス在住、電撃引退の発表も

7

2024年04月13日 21:18  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

杏さんが演じた花咲舞

 2014年、2015年に放送されたドラマ「花咲舞が黙ってない」が、キャストを一新し4月13日からスタート。今回は当時出演していた主要キャストの現在をまとめました。


【画像】出演キャストの現在


 同作は、池井戸潤さんの小説が原作。メガバンク・東京第一銀行を舞台に、主人公・花咲舞が支店や本部で巻き起こる事件や不祥事を見事に解決していく物語です。


 主人公の花咲舞を演じたのは、俳優の杏さん。2020年8月に夫で俳優の東出昌大さんとの離婚を発表した後、2022年8月には3人の子どもとともにフランスに移住することを発表し、YouTubeチャンネルではフランスの生活などを配信しています。


 東京第一銀行本部・支店統括部臨店班の相馬健を演じていたのは上川隆也さん。日本テレビ系連続ドラマ「さよならの向う側」(2022年放送)で主演を務めた他、「バンカケ〜警視庁自動車警ら隊」階堂昇役で俳優の足立梨花さん演じる岸谷涼子とのコンビネーションを見せました。なお、2024年版では「酒肴処・花咲」店主で舞の叔父・花咲健役として再登板します。


 東京第一銀行本部・支店統括部次長の芝崎太一を演じたのはお笑いコンビ「ドランクドラゴン」の塚地武雅さん。俳優としても活躍しており、放送中のNHK連続テレビ小説「虎に翼」の出演が決定しました。


 舞の父で飲食店「花咲」を営む花咲幸三役を務めたのは大杉漣さん。2017年に放送された「バイプレイヤーズ 〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜」で本人役を演じ話題となりましたが、2018年放送の「バイプレイヤーズ 〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜」撮影中だった2018年2月に急性心不全で亡くなりました。


 東京第一銀行・常務執行役員兼経営企画本部長の真藤毅を演じるのは生瀬勝久さん。NHK連続テレビ小説「ブギウギ」では、喜劇王エノケンこと榎本健一さんをモデルにしたタナケンこと棚橋健二を好演しました。


 五反田支店・融資課の松木啓介役には成宮寛貴さん。2016年に電撃引退をした後、海外を拠点に生活し、アパレル関連事業を展開していました。2024年の元日スペシャルとして放送された「相棒 season22」には過去の回想として登場シーンが放送され、話題を呼んでいました。


このニュースに関するつぶやき

  • タイトルをどうにかしなさいな。���ä���
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(5件)

ニュース設定