「#よーよーよー」ピンク担当の由良ゆら、フェチ感たっぷりにグラビア登場!「ガーターにコルセット......。初挑戦したことがいっぱいありました!」

1

2024年04月14日 13:20  週プレNEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

週プレNEWS

『週刊プレイボーイ』のグラビアに登場した由良ゆら

4月15日(月)発売『週刊プレイボーイ18号』のグラビアで、アイドルグループ「#よーよーよー」のピンク色担当、由良ゆらがフェチ感たっぷりに魅せてくれた。あざとく、かわいらしく挑発。あの由良ゆらが僕らをドキドキさせるなんて!

【写真】あざとく、かわいらしく挑発する由良ゆら

* * *

■魚好きすぎて生臭くなった?

――アイドルグループ「#よーよーよー」のピンク担当の爐罎蕕罎薛瓩海藩確匹罎蕕舛磴鵝今回の撮影で印象に残っていることはなんですか?

由良 パープルの水着のシーン、外壁にツタが生い茂る小屋の前で撮影したんですけど、私が小さい頃に遊んでいた近所の小屋にそっくりだったんですよ。秘密基地みたいですごく楽しかったから、その記憶がよみがえりました(笑)。

――全体的に衣装がかわいかったですよね。

由良 そうなんですよ。白いコルセットを着たのも初めてでしたし、ガーターも初挑戦でした。黒いワンピース水着では、今までにない大人っぽいゆらゆらも見せられたと思います。

憧れているのは同じ事務所の川瀬もえさん。きれいで色気があるんですよ。しかも、お話をしてみると小学生みたいで、そのギャップがたまらないんです。

――小学生?

由良 だって好きな食べ物がハンバーグって言ってたから(笑)。

――ちなみにゆらゆらは?

由良 メヒカリです!

――そうだ、ゆらゆらは千葉県銚子市出身で、漁師の家系に育ったから魚好きなんですよね。以前、「家で魚をさばいている」と言っていましたが、今もですか?

由良 おばあちゃんが定期的に魚を送ってきてくれていて、それをさばいていたのですが、ひとり暮らしの家でやると意外とにおいが残っちゃって。翌日にライブがあったとき、「生臭い」って指摘されたことがあったんです。ちょっとショックで、今は生魚じゃなくて干物を送ってもらっています。

――魚はどれくらいのペースで食べているの?

由良 なるべく毎日食べるようにしています。ただ、誰かと外食に行くときはラーメンやお肉系が多いので、お魚がなかなか食べられない。なので、お魚は朝ごはんがメインですね。

――ラーメンも魚介系が好きなんですか?

由良 そこにはあまりこだわっていなくて、六厘舎のつけ麺が世界一好きです。いつもは行列が苦手で、ディズニーランドですら人気のアトラクションに乗らないくらいなんですが、六厘舎の行列は10人までなら待てます!

――休日の過ごし方は?

由良 ワンちゃんを飼ったので、ドッグランに連れていっています。名前は「ハム」です。

――あれ、魚っぽい名前にしなかったんですね。

由良 ワンちゃんが小さい頃、ハムスターに似ていて弟が「ハムだ、ハムだ」って言っていたのが由来。ただ、今は大きくなってロースハムっぽいので、そっちの「ハム」かな。

ドッグランは千葉のゆめ牧場やマザー牧場がお気に入りなんですが、免許を持っていないので、電車で連れていくか、家族にクルマを出してもらうしかないんです。いつか自動車の免許を取りたい。あと、船の免許も!

――そうか、漁師町で育ったから船にはなじみがあるんですね。

由良 でも、動いている船には乗ったことがなかったんですよ。おじいちゃんが危ないからって、停泊している船にしか乗せてくれなくて。以前、YouTubeの釣り企画で初めて動いている船に乗りました。

――どうでした?

由良 漁師の孫だから船酔いなんて絶対にしないと思っていたんですが......出船後すぐにダウン。結局、釣りはできず、近くの海釣り公園に行きました(笑)。

――先輩グループの#ババババンビが初の日本武道館ライブを成功させました。ゆらゆらが所属する#よーよーよーの目標は?

由良 私たちは落ちこぼれが集まったグループ。最近になってようやく、ダンスや歌がホメられるようになってきたんです。初めての全国ツアーも始まるので、私たちらしく次のステージを目指せたらと思っています!

スタイリング/伊井田礼子 ヘア&メイク/塩田結香(JULLY)

●由良ゆら 
2002年6月17日生まれ 千葉県出身 
身長151僉ー駝=料理、アイドルの応援 
○2021年に結成されたアイドルグループ「#よーよーよー」のピンク色担当。2022年には名前が同じことから、和歌山県由良町の観光大使に。
公式X【@yurayura_yuraa】 
公式Instagram【@yurayura_yuuura】 
活動の詳細は、#よーよーよー公式サイトにて。

取材・文/高篠友一 撮影/前 康輔

    ニュース設定