『光る君へ』“清少納言”が爆誕 ネット「歴史が動いた!」「名付けの瞬間を見れるなんて」【ネタバレあり】

30

2024年04月14日 20:45  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

大河ドラマ『光る君へ』の場面カット(C)NHK
 俳優の吉高由里子が主演を務める、大河ドラマ『光る君へ』(毎週日曜 後8:00 NHK総合ほか)の第15回「おごれる者たち」が14日に放送され、遂に物語のキーパーソンとなる「清少納言」が誕生した。

【濃厚ラブシーン】吉高由里子に柄本佑が覆いかぶさって…

 第15回は、道隆(井浦新)は、強引に定子(高畑充希)を中宮にし、詮子(吉田羊)を内裏の外へと追いやった。二年後、一条天皇(塩野瑛久)は麗しく成長。道隆の独裁には拍車がかかっていた。伊周(三浦翔平)らに身内びいきの人事を行い、定子のために公費を投じ始める。道長(柄本佑)は、兄のやり方に納得がいかない…というストーリーだった。

 定子と一条天皇と仲睦まじく過ごしていたが、定子の母・貴子(板谷由夏)はそれだけでは不十分と判断。後宮の長としての座を揺るぎなくするため、貴子はききょう(ファーストサマーウイカ)を女房へと内裏へと招き、定子の話し相手になるように命じた。

 大いに喜んだききょうは、初対面した定子に「きれい…」と一目惚れ。その日、ききょうは定子から「清少納言」という名を与えられた。

 一連のシーンに視聴者からは「清少納言が誕生!歴史が大きく動いた!」「一生の推しに出会ってしまったウイカ清少納言の表情たまらない。わかる!」「祝え!平安文学を代表する女流作家清少納言と平安王朝一条朝を彩る定子サロン、誕生の瞬間である!」「定子さま清少納言爆誕さす ききょうさまひれ伏す」「清少納言の名付けの瞬間を見れるなんて」などの声が寄せられている。

 主人公・紫式部/まひろは、千年の時を超えるベストセラー『源氏物語』を書きあげた女性。「光源氏」の恋愛ストーリーの原動力は秘めた情熱と想像力、そしてひとりの男性への想い。その男性の名は藤原道長。変わりゆく世を自らの才能と努力で生き抜いた女性の愛の物語だ。脚本は大石静氏が務める。

このニュースに関するつぶやき

  • 見ててよ、チャンマスー!←?
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(16件)

ニュース設定