4月期『JKと六法全書』主演・幸澤沙良を大東駿介&黒木瞳が大絶賛「本当に天才肌!」

2

2024年04月15日 13:46  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

金曜ナイトドラマ『JKと六法全書』に出演する(左から)黒木瞳、幸澤沙良、大東駿介(C)テレビ朝日
 19日にスタートするテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『JKと六法全書』(毎週金曜 後11:15)の囲み取材会が同作のロケ地にて行われ、主演の幸澤沙良のほか大東駿介、黒木瞳が登場した。

【動画】幸澤沙良、大東駿介&黒木瞳から大絶賛「本当に天才肌!」新ドラマの意気込みを語る「SIGです!」

 本作は、史上最年少で司法試験に一発合格した、現役女子高生弁護士=JKB・桜木みやび(幸澤)が、法廷&学校で旋風を巻き起こしていく“法曹×学園”ハイブリッドドラマ。ヤメ検の先輩弁護士・早見新一郎を大東が、みやびの祖母(!?)で桜木法律事務所所長・桜木華を黒木が演じる。

 本作で座長を務める幸澤だが、「まだ“座長”という響きに慣れていなくて…」と戸惑いの表情を見せつつ、「大東さんや黒木さん、スタッフさんに助けていただきながら日々手探りですが、毎日楽しく撮影させていただいています」と初々しさものぞかせる。

 しかし大東によると、本作で初めて会った際に「一応、先輩ですので『幸澤さんを引っ張っていけるように頑張ります!』と言っていた」そうだが、今では「見事に僕が引っ張られている状態(笑)」だと明かす。さらに「とんでもない長いセリフも、リハを含めてトチっているところを見たことがありません。その姿に、横にいる僕がどんどん緊張してしまって…一言だけのセリフを噛んでしまうという(笑)」と苦笑い。

 また、黒木も「沙良ちゃんはメリハリの利くお芝居もなさるし、ユーモアのセンスもあるし、本当に天才肌!」と大絶賛。そんな2人の言葉に「そんな…!」と恐縮しきりの幸澤だったが、早くも大先輩の大東と黒木から厚い信頼を得て、現場を引っ張っていっていることをうかがわせた。

 “失敗談”についての話題になると、幸澤は「結構シリアスなシーンで大東さんのセリフが一瞬飛んでしまったことがあるんです。それは私にカメラが向いているときだったんですけど、大東さんが『アレがアレで、アレがアレなんだよ!』とおっしゃっていて、笑いが堪えられませんでした(笑)」と、まさかの大東の失敗を暴露。慌てる大東だが、黒木から「乗り越えられない壁はあります。乗り超えなくてもいい!また、いつか乗り超えられる日もあるからね」と温かい言葉がかけられると、幸澤は「勉強になります!」と感動する一方、大東は改めて「しっかりします!」と誓い、笑いに包まれた。

 ほかにも、法律関連のみ天才的な能力を発揮する主人公・みやびにちなんで「何か1つ何かの天才になれるとしたら?」と問われると、幸澤は「暗記の天才になりたいです!」と長ゼリフを覚えるのに苦労していることを明かす。それでも「裁判のシーンはクライマックスだと思うので、見てくださる方々に『あのシーンよかったよね』と言っていただけるようにしたいので、毎日筋トレしながら必死でブツブツ覚えています!」と語る。そんな幸澤は意気込みを聞かれると、「SIGです!」と宣言。「精一杯、頑張ります」と力強く語った。


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • 大東駿介???水川あさみに実質結婚詐欺をしたのにこれって普通に出ているんだな
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ランキングエンタメ

前日のランキングへ

ニュース設定