まだまだ秘密が?テレ朝の“本気”感じた木村拓哉主演ドラマ会見 オールスター布陣で挑む

0

2024年04月19日 07:45  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『Believe−君にかける橋−』キャスト登壇イベントに出席した(左から)一ノ瀬颯、斎藤工、竹内涼真、木村拓哉、天海祐希、小日向文世、上川隆也、山本舞香 (C)ORICON NewS inc.
 テレビ朝日系木曜ドラマ『Believe−君にかける橋−』(25日スタート 後9:00 ※初回拡大SP)のキャスト登壇イベントが18日、都内で行われ、主演の木村拓哉(51)以外の主要キャスト8人が発表された。テレ朝開局65周年記念作として、同局の“オールスター”ともいえるキャストがこの会見をもって解禁。さらには、会見中にも「これ以上は、言えないんですけど…」と役どころについても秘密が貫かれるなど、異例づくしの展開となっている。

【写真】竹内涼真とがっちり握手を交わした木村拓哉

 テレビ朝日開局65周年記念作品として制作される本作では、橋づくりに情熱を燃やす狩山陸(木村)が刑務所に収容されるという困難に見舞われながらも、決して諦めることなく希望と再生の道を模索する。先の読めない手に汗握るサスペンスと、スリリングかつ心に染み渡る人間ドラマが交錯する壮大な物語を紡いでいく。

 木村はテレビ朝日開局55周年記念ドラマスペシャル『宮本武蔵』(2014年)に続き、同局の周年記念作品で再び主演し、スタッフ陣は木村が主演した同局系ドラマ『BG〜身辺警護人〜』シリーズ(18年、20年)を手掛けた布陣が再集結。脚本は同局系『緊急取調室』シリーズ(14年〜)などを手掛けた井上由美子氏が、監督は同じく『緊急取調室』シリーズ(2014年〜)や同局系『ハヤブサ消防団』(23年)を手掛けた常廣丈太氏が担当する。

 そして、今回イベントで発表されたキャストは竹内涼真(30)、山本舞香(26)、一ノ瀬颯(27)、上川隆也(58)、斎藤工(42)、小日向文世(70)、北大路欣也(81)、天海祐希(56)の8人。

 竹内は『六本木クラス』(22年)で主演、山本は『家政婦のミタゾノ』(22年)、『今日からヒットマン』(23年)でヒロイン、一ノ瀬は『騎士竜戦隊リュウソウジャー』(20年)で主役・リュウソウレッドを演じている。また、斎藤も『漂着者』(21年)で主演、小日向も『欠点だらけの刑事』(18年、21年)で主演を務めており、北大路は『刑事7人』(15年〜)などで存在感を発揮。

 さらに上川、天海はそれぞれ『遺留捜査』(11年〜)、『緊急取調室』(14年〜)といったドラマシリーズ作品で主演を務めており、テレ朝“オールスター”ともいえる布陣となった。

 ドラマ情報の解禁は、木村のインスタグラムのストーリーズと、同局宣伝部の公式X(旧ツイッター)でサプライズ発表。キャストに関しては、初回拡大スペシャルのあらすじが公開されても発表されず、この日のイベントをもって解禁となった。さらに同イベントも通常の局内会場ではなく、400人の観覧客を呼び込みTOHOシネマズ六本木ヒルズの大会場で開催。ドラマの発表会見としては異例の大規模イベントとなり、同局の“本気度”がうかがえた。

 イベントではこの出演者に木村も「素敵な、とてもぜいたくな共演者の皆さんと一緒にこの場に立てることを光栄に思います」と紹介し「これだけの出演者の方がそろってくれたので、どのシーンでも自分のモチベーションが保たれている。無駄な日、無駄なカットが一つもないですし、現場が豊かです」と語っていた。

 まだまだ秘密が隠されていそうな『Believe』。ドラマの物語はもちろん、今後も、情報発信の面でもあっと驚くような仕掛けが待っていそうだ。

    ランキングエンタメ

    ニュース設定