「Re:リベンジ」“大友郁弥”錦戸亮の“見せつけキス”に注目集まる 「悪い男だけれど、カッコ良い」「脳裏から離れない…」

0

2024年04月19日 13:00  エンタメOVO

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

エンタメOVO

(C)フジテレビ

 赤楚衛二が主演するドラマ「Re:リベンジ−欲望の果てに−」(フジテレビ系)の第2話が、18日に放送された。(※以下、ネタバレあり)

 本作は、巨大病院で巻き起こる権力争いをきっかけに、さまざまな事件が起こり、登場人物たちの「野心」と「復讐心(ふくしゅうしん)」が入り乱れ、人間の内に秘めた「欲望」がむき出しになっていくリベンジサスペンス。

 父・天堂智信(光石研)の葬儀の日、何者かに襲われて意識を失った海斗(赤楚)。山奥の診療所で目を覚ましたのは、5カ月後だった。恋人・朝比奈陽月(芳根京子)に電話をかけるも拒絶され、職場である出版社へ赴くと、すでに解雇されていた。

 智信が理事長を務めていた大病院・天堂記念病院へと向かい、看護師として働く陽月に事情を説明しようとするが、「今さら何なの」と取り合ってもらえない。意識を失っていた間に、仕事も恋人も失ってしまった。

 その頃、天堂記念病院では新たな体制が発表され、海斗の伯母・天堂市子(余貴美子)が新理事長に就任していた。そして、理事会の中には大友郁弥(錦戸亮)もいて…。

 アパートに戻った海斗は留守番電話を確認すると、陽月からのメッセージが何件も入っていた。そこに、出版社の後輩・木下紗耶(見上愛)が訪ねて来る。「先輩の言うことが本当なら、ずっと眠っていたことを証明しないと」という彼女の言葉を聞き、海斗は診療所へと向かう。

 しかし、診療所にはすでに誰もおらず、落ちていた点滴の袋には、強力な麻酔の名前が。海斗は誰かの手によって眠らされていたのだった。




 放送終了後、SNS上には、「2話にして早々に対峙(たいじ)する海斗と大友先生のにらみ合いが見られて、今後の展開にワクワク」「海斗がリベンジを決意した瞬間に目つきや表情がガラッと変わった演技は、見応えがあった」

 「ドロドロな復讐劇が楽しくて、あっという間。謎多き大友先生と海斗が、今後どのように展開していくのかが楽しみ」などの感想が投稿された。

 また、大友が海斗の前で見せつけるように陽月とキスするシーンにも注目が集まり、「赤楚衛二に見せつけるように赤楚くんの元カノにキスする錦戸亮が最高」「大友先生の見せつけキスが脳裏から離れない…」「錦戸亮くんと芳根京子ちゃんのキスシーン、ごちそうさまでした」「大友先生の見せつけキスのタイミングが絶妙で、めちゃくちゃ悪い男だけれど、カッコ良い」といった声が寄せられた。


もっと大きな画像が見たい・画像が表示されない場合はこちら

    ニュース設定