“右足小指付け根骨折”の小島よしお、生放送で元気に着席「ピーヤ!」 当時の状況を説明「そんなの関係ねぇ!」が原因?

0

2024年04月19日 16:18  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

小島よしお (C)ORICON NewS inc.
 TBSスポーツバラエティー番組の収録中に右足を負傷したお笑い芸人・小島よしお(43)が19日、ABCテレビのレギュラー番組『news おかえり』(月〜金 後3:40 ※関西ローカル)に元気に生出演した。

【写真】骨折おっぱっぴー!小島よしおが明るく報告

 「金曜メンバーのみなさんです」と紹介され、レギュラーの小島はゲストコメンテーターの元プロ野球選手・糸井嘉男とともに、着席スタイルで「ダブルよしお、ピーヤ!」と決めた。

 横山太一アナに「心配な情報が飛び込んできました」と向けられると、小島は「ある番組収録の時に靴がちょっと脱げちゃって、ちゃんと履かないまんま、これがよくないんですよ…のまんま(階段を)おりたら踏み外しちゃった。グネッちゃって」と説明。さらにその後、ちょっとしたやりとりがあり「靴脱げちゃったけど『そんなの関係ねぇ!』ってやっちゃったんですよ。もしかしたらそこがよくなかったかも」と明かした。

 骨にヒビが入った状態だとし、「これから『そんなの関係ねぇ!』の軸足が逆になるかな。17年間こっち軸足で『そんなの関係ねぇ!』をやってて、整体の先生から、逆でやらないと骨盤とかバランス悪くなりますよと言われてたところだったんで、ちょうどよかった」と前向き。全治4〜6週間だという。

 岡田結実からは「ポジティブ思考がすぎます」とツッコミが入ったが、“ダブルよしお”の糸井は「体整いますよね、ちょうどよかった」といい、自身は現役時代に小指がジンジン痛むまま試合に出続け「粉砕骨折してた」とけろりと語っていた。

 TBSは18日、5月3日放送予定の『最強スポーツ男子頂上決戦2024』収録中、小島が負傷し、右足小指付け根骨折と診断されたと発表。「パワーウォール」競技終了後、舞台を降りる際に階段を踏み外し、病院で救急治療を受けたと伝えていた。

    ランキングエンタメ

    ニュース設定