『新婚さん』81歳おじいさんと結婚「私のストライクゾーン広すぎる!」 価値観は「古っ!!」「急に保険金臭が…」

49

2024年04月20日 12:44  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

21日放送『新婚さんいらっしゃい!』より(C)ABCテレビ
 お笑い芸人・藤井隆とタレント・井上咲楽が司会を務める、ABCテレビ・テレビ朝日系『新婚さんいらっしゃい!』(毎週日曜 後0:55)あす21日放送回では、夫が81歳だという“29歳差婚”の秘話が語られる。

【写真】歳の差を吹き飛ばす! 53歳妻&81歳夫のラブラブ新婚風景

 シニア世代の結婚事情が近年、変化している。最新データによると、60歳以上の婚姻数は2000年と比べ、女性は1.5倍、男性は3倍にも増加しているという。そうした中、今回のスタジオには香川県の新婚さんが登場する。夫は81歳(収録当時、現在は82歳)、妻は53歳で、29歳差。親でもおかしくない年齢で、実際に夫は妻の親より2歳上。孫は5人で、ひ孫までいるという。

 妻が父親に写真を見せた際には「おじいさんやん!」と絶叫。友人たちは口をそろえて「お金があるん?」と聞いた。しかし夫は、たんまりもらった退職金も、スナックでさんざん楽しみ、1ヶ月で使い果たした“昭和の男”。妻は「お金じゃなくて愛情よ」と断言する。

■年寄りだから起きとるわ…「木がたくさん植わっとる」家を探し、早朝突撃

 出会いは4年ほど前で、妻が銭湯で仲良くなった、80歳のママがキューピッドとなった。ママが営むカラオケ喫茶へ遊びに行き、常連だと紹介されたのが夫だった。客の全員がシルバー世代。夫はジーパン姿でこじゃれていて、気さくにしゃべりかけてくれた。

 楽しいなと通い始めた3回目、酔った夫が「デート行こうや」とアプローチ。妻はグイグイ来られうれしくなったというが、若くてピチピチした男性が好み。しかしいざデュエットをすると、心臓がバクバクして「私のストライクゾーン広すぎる!」と新たな扉が開いた。

 妻が自ら電話番号を渡したが、待てど暮らせどかかってこず。しびれを切らせた妻は、夫に会いたくて自宅を探し始め、飲み会のときに聞いた、あらかたの場所と「木がたくさん植わっとる」という情報を頼りに車で回るも、田舎なのでどこの庭にも木だらけ。ようやく合致する表札を見つけ、「おはよー!」と早朝6時に突撃した。年寄りだから起きとるわと、朝マックを買って押しかけたという。これにはMC・藤井も「楽しく聴いているけど、めっちゃ怖い…」と怯えだす。

 夫の家の仏間には、亡くなった前妻2人がまつられ「寂しいし大変だろう」と感じた。独り暮らしが長かった夫も「秋の夜長は心も寂しい」と語るが、さすがに妻の図々しさには呆れていたという。

■「食事中はしゃべるな!」 結婚しよう→「するか!」

 それでも、そこから毎週遊びに行くように。4ヶ月ほど経ったとき、夫が「もうここにおったらどうや」と誘って同棲がスタートし、価値観の違いに驚いたという。ごはんを食べながら話しかける妻に、「食事中はしゃべるな!」と一喝。これにはMC・井上も「古っ!!」とおののく。

 とはいえ2人での生活は楽しく、1年半ほどで妻の気持ちは固まった。そこで妻から「結婚しよう」とプロポーズするも、夫は「せん!」の一点張り。夫は「そんなに慌てて結婚なんかせんよ」というが、妻は「慌ててせんと死んでしまうよ、のんきな時間ないよ」と迫った。これには藤井も「急に保険金臭がする」と漏らす。

 実は、妻はすぐにでも結婚という形に収まりたかった。実は夫が足の手術をしに病院へ行ったとき、医師からの説明を並んで聞くも、「お2人はどういう?」と聞かれ、夫が「彼女」と答えたことにモヤモヤし、「愛情を形に残して奥さんになりたい」という心境だった。

 その後、毎日朝晩、食事中、入浴中、テレビを見ているときも、妻は「結婚しよう」を繰り返したが、夫は「あと5年ぐらいしたらアッチに行くから、妻を残すことになる」と、高齢ゆえ結婚に踏みだせず。それでも、ある日「するか!」と決意した。入院時、自分を大事にしてくれ心は動いていたが、ずっと辛抱していたと振り返る。

 歳の差を吹き飛ばす妻の愛に心を打たれ、2023年8月に結婚。新婚生活では「毎日、食事中に会話するのが楽しい」と夫にも変化があった。家事を担当するのは夫。かいがいしく朝ごはんを用意し、妻が仕事へ出たあとには、せっせと洗濯、掃除、犬の散歩…。晩ごはんの買い出しも全部やってくれ、妻は「お嫁さんをもらったみたい」とご満悦。しかも家庭菜園の範ちゅうを超えたレベルの畑の野菜で、とびきりおいしい食事をつくってくれるとノロケる。

■デートでは「3歩後ろや!」な照れ屋の夫が“ある宣言”へ

 夫との暮らしの中で、妻は「歳の差は感じる」という。テレビはいくら音量を上げても「聴こえん」と言われ、映画館ばりの大音量に。外出時に並んで手をつなぎたくても、夫は「3歩後ろや!」と断固拒絶。「こっぱずかしい!」と嫌がりつつも「2人きりならいい」と語る夫に、藤井は「すけべぇ」とニヤケ顔。しかし井上が「つないであげてください」と頼むと、若い子好きな夫は即、快諾する。

 近所には2人の間柄を誤解されているかもしれないという。終始照れ屋だった夫は最後には、ある宣言をすることになる。

このニュースに関するつぶやき

  • …家事が出来ると、晩年一人になっても、若くて働ける嫁が押し掛けて来るかもしれない。
    • イイネ!7
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(30件)

ニュース設定