スーパー耐久がSUGOで開幕。土曜のグループ2はST-Zの埼玉GBスープラがペナルティで逆転勝利

1

2024年04月20日 22:30  AUTOSPORT web

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

2024スーパー耐久第1戦SUGO 優勝争いを繰り広げる52号車埼玉 GB GR Supra GT4(山学/吉田広樹/服部尚貴/野中誠太)
 4月20日(土)、宮城県のスポーツランドSUGOでENEOS スーパー耐久シリーズ2024 Empowered by BRIDGESTONEが開幕した。開幕大会は2グループに分かれ、予選と4時間の決勝を同日に実施。初日となった20日はST-Zクラスをはじめとするグループ2のレースが行われ、ST-Zクラスの52号車埼玉 GB GR Supra GT4(山学/吉田広樹/服部尚貴/野中誠太)が総合優勝を飾った。

 2024年となり、シリーズ名も新たに開幕したスーパー耐久。今季第1戦はシリーズとしては13年ぶりとなるスポーツランドSUGOでの開催となり、全9クラスを2グループに分け20日にグループ2、21日にグループ1が行われている。今回のグループ2はST-Z、ST-Qの3台(12号車、55号車、92号車)、ST-1、ST-5という4クラス。また8時10分から行われた予選は、Q1でAドライバーがタイム計測を行い、その上位と下位で2グループに分けたQ2AとQ2BにてBドライバーがアタックを行うという変則ノックアウト形式で実施された。

 予選で総合の最速となったのはST-1クラスの2号車シンティアム アップル KTM。ST-Zクラスは、ニッサン・フェアレディZニスモGT4のデビュー戦となる26号車raffinee日産メカニックチャレンジZ NISMO GT4がポールポジションを獲得。2番手には2023年のクラス王者である52号車埼玉 GB GR Supra GT4がつけた。グリッドはST-Zクラス、ST-Q、ST-1と並び、ポールポジションを獲得した88号車村上モータースMAZDAロードスターを先頭にST-5車両が並んだ。

■表彰台争いの接触、レース後にもペナルティで波乱の4時間レースに
 29台が出走した4時間レースの決勝は、気温20度というコンディションのもとでスタートを迎えた。ポールポジションの26号車raffinee Zの富田竜一郎がリードを広げ、52号車埼玉GBスープラの吉田広樹、25号車raffinee Zの松田次生のバトルが白熱。その間に富田はリードを広げ、20秒の差をつけて最初のピットタイミングを迎えた。ここでタイヤ無交換作戦を敢行してきたのは52号車埼玉GBスープラで、暫定トップへ浮上する。

 ただその20分後、最終コーナーで20号車NANIWA DENSO TEAM IMPUL Zがクラッシュを喫してしまう。ここでレースはセーフティーカーが導入され、残り2時間のタイミングで再開となるも、その直後には3番手を争っていた25号車raffinee Zと885号車シェイドレーシング GR SUPRA GT4 EVOを含むアクシデントが発生するなど、レースは荒れた展開となった。

 そんなレースは52号車埼玉GBスープラと26号車raffinee Zの首位争いとなっていくが、終盤26号車raffinee Zの篠原拓朗が首位に立つと、その後は危なげなくリードを広げトップチェッカー。TEAM ZEROONEにとって、ZニスモGT4にとって嬉しいST-Zでの初優勝になったかと思われた。しかしレース終了直後、26号車26号車raffinee Zに対し、スポーティングレギュレーション第17条(2)『トランスポンダーの切替不備』により30秒加算のペナルティが課され、52号車埼玉 GB GR Supra GT4が逆転優勝。26号車raffinee Zが2位となった。3位は34号車TECHNO FIRST R8 LMS GT4が入った。

■早めのピット戦略が奏功。ST-5クラスは88号車がポール・トゥ・ウイン
 マツダ・ロードスターやホンダ・フィットなどが争うST-5クラスは、クラスポールからスタートした88号車村上モータースMAZDAロードスターをかわし27号車メイプル広島レーシングMAZDAロードスターがトップに立つも、ピット作業違反のペナルティストップで後退。88号車村上モータースがポール・トゥ・ウインを飾った。

 2番手争いはレース最終盤まで白熱することになるが、残る17号車と65号車は、同タイミングで最後のピットインを終えて、終盤まで続くバトルを繰り広げる。逃げる17号車、追う65号車odula TONE 制動屋 ROADSTERが2位、3位に17号車DXLアラゴスタNOPRO☆MAZDA2が入った。27号車メイプル広島レーシングはチェッカーまで白熱の戦いで追い上げたが5位となった。

 1台のみの出走となったST-1クラスは、レース序盤は2号車KTMがIDA TAIYOのドライブでST-Z車両をかわし総合首位を狙うも、燃料系のトラブルにより急遽ピットイン。その後は修復とコースインを繰り返したが、最終的にはガレージ内でレースを終えている。

 ST-Qクラスの92号車GR Supra Racing Conceptは、4台のST-Zに続く総合5位で完走を果たした。MAZDA SPIRIT RACINGが走らせる12号車MAZDA SPIRIT RACING ROADSTER CNF conceptは総合10位でフィニッシュ。55号車MAZDA SPIRIT RACING MAZDA3 Bio conceptは、SC明け直後に多重接触に巻き込まれてスピンするシーンも見られたが、12号車に次ぐ11位で4時間レースを走り切った。

 4月21日(日)のグループ1は、ST-X/ST-Q(28号車/32号車/271号車)、ST-2、ST-3、ST-4という5クラスが出走予定となっている。8時から予選、13時25分より4時間の決勝レースが行われる予定だ。

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定