幻のドキュメンタリー映画『ザ・ビートルズ:Let It Be』、ディズニープラスで50年ぶり復活

57

2024年04月21日 14:01  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

『ザ・ビートルズ: Let It Be』© 2024 Disney and its related entities
「Disney+(ディズニープラス)」の「スター」で、「ザ・ビートルズ」解散までの歩みを描いたマイケル・リンゼイ=ホッグ監督のドキュメンタリー映画『ザ・ビートルズ:Let It Be』の独占配信が決定。キービジュアルも同時に解禁された。

5月8日(水)より「スター」にて独占配信される本作は、1969年1月のセッション(ゲット・バック・セッション)と、「ザ・ビートルズ」の最後のライブ「ルーフトップ・コンサート」を記録したもので、1970年にマイケル・リンゼイ=ホッグ監督によって製作された。50年の時を経て、映像・音響の修復が施され、ファン待望の配信が実現する。

2021年、ピーター・ジャクソン監督がメガホンをとり、エミー賞を複数受賞したドキュメンタリー映画『ザ・ビートルズ:Get Back』(ディズニープラスで配信中)が話題となったが、今作では、『ザ・ビートルズ:Get Back』で描かれなかった映像も含まれており、グラミー賞受賞のアルバム「Let It Be」の作曲とレコーディングを行う様子などが映し出される。

マイケル・リンゼイ=ホッグ監督は「50年に渡って撮影した映像をピーターが再び現代に蘇らせてくれたことに、私は感動して打ちのめされた」とコメント。ピーター・ジャクソン監督も「『Let It Be』と『Get Back』は50年の時を経て完成した壮大な物語だと思う」と語っている。


マイケル・リンゼイ=ホッグ(『ザ・ビートルズ:Let It Be』監督)コメント

アルバム「Let It Be」は1969年10月から11月にかけて準備されていたが、発売されたのは1970年4月だった。発売の1か月前、ザ・ビートルズは正式に解散を発表した。だから、ファンはこぞって『ザ・ビートルズ:Let It Be』を観に行ったんだ。“もう二度とザ・ビートルズの共演は観られないんだ。もう二度とあの喜びを味わうことはできないんだ”というファンの苦しい思いが、この映画の印象を暗くしてしまった。しかし実際、これほどの大物アーティストたちの生の楽曲制作の現場を見られるのは、そうそうあることではないだろう。そして最後のパフォーマンス「ルーフトップ・コンサート」で彼らの熱量、絆、グループとして再び共演する喜びを目撃する。彼らはそれが最後であることを知っていたし、私たちも彼らの最後の姿にひどく胸を痛めた。『ザ・ビートルズ:Get Back』で、私が50年前に渡って撮影した映像をピーターが再び現代に蘇らせてくれたことに、私は感動して打ちのめされたよ。

ピーター・ジャクソン(『ザ・ビートルズ:Get Back』監督)コメント

マイケルの映画『ザ・ビートルズ:Let It Be』が修復され、何十年ものあいだ幻と化していたものが遂に復活することになり、本当に感激している。マイケルが最終的に使用しなかった映像(アウトテイク)を入手できたのは本当にラッキーだった。『Get Back』のストーリーを完結させるには、『Let It Be』が必要だとずっと思っていたからね。『Let It Be』は3部構成でマイケルとザ・ビートルズが製作した画期的な新しいドキュメンタリーで、1970年に公開されたオリジナル映画だ。これは今、50年の時を経てようやく完成した、ひとつの壮大な物語だと考えている。『Let It Be』は『Get Back』のクライマックスであり、『Get Back』は『Let It Be』に欠けていた重要な文脈を補完している。私が『Get Back』を製作している間、マイケルが大いにサポートしてくれたことに本当に感謝している。だから現代の映像と音質技術は優れているが、50年前に彼が作ったオリジナル映画に込めたメッセージの本質をそのまま維持することも非常に重視したんだ。

『ザ・ビートルズ:Let It Be』は5月8日(水)よりディズニープラス「スター」にて独占配信。








(シネマカフェ編集部)

このニュースに関するつぶやき

  • ビートルズは元祖日本ポップス『TULIP』にメッチヤ影響が有った。今週末神戸国際会館で結成50周年追加ライブに行くで���å��å�財津さんYESTERDAY生ギターでしてくれへんかなぁ�ܤ��ϡ���
    • イイネ!12
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(31件)

ニュース設定