【沖縄国際映画祭】桂文枝&西川きよし、沖縄に感謝 16回目でラストも“新しい出発への第一歩”「小さな事からコツコツと頑張りたい」

0

2024年04月21日 14:44  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『第16回 沖縄国際映画祭 島ぜんぶでお〜きな祭2024』2日目のレッドカーペットに登場した桂文枝(左)や西川きよし(右) (C)ORICON NewS inc.
 落語家の桂文枝(80)、漫才師の西川きよし(77)が21日、沖縄県那覇市の国際通りで開催された『第16回 沖縄国際映画祭 島ぜんぶでお〜きな祭2024』レッドカーペットに登場した。今年で最後を迎える『沖縄国際映画祭』最終日の幕開けとなるレッドカーペットイベントのトリを飾った。

【写真】レッドカーペットに登場した剛力彩芽

 今年で16回目を迎える同映画祭は、「お〜い、お〜きな、お〜もしろい、お〜まつりだ〜。」をキャッチコピーとし、那覇市などで4月20〜21日まで開催。沖縄をエンターテインメントあふれる島にすることを目標に実施されてきたが、今年で最後の開催となる。

 文枝は「16回目にして一番盛り上がったんじゃないですかね。歓迎していただけてうれしいかぎりです」と喜ぶと、西川は「ピーカン照りで30度近い気温の中、沖縄国際映画祭をいいゴールにしていただいた。16年間、小さなことからコツコツと頑張ってきてよかったです」としみじみ語った。

 また、レッドカーペットを歩き終え、ステージに上がった文枝は「本当に16年間ありがとうございました。沖縄は私にとって第2のふるさとのような感じでございます。いったんここで終わりますが、またやらせていただければと思います!」と集まった観客に向けて伝えた。

 そして西川も「この16年、沖縄の方には本当にお世話になりました。一応ゴールということですが、僕の心の中では、また新しい出発への第一歩だと思っています。これからまた、新しい沖縄とのコラボを考えていただけると思います。僕もさみしいですが、心新たに小さな事からコツコツと頑張りたいと思います。ありがとうございました!」と感謝を伝えた。
    ニュース設定