海自ヘリ2機墜落、空中衝突か=1人死亡、7人不明―伊豆諸島周辺で訓練中・防衛省

73

2024年04月21日 15:31  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

海上自衛隊のSH60Kヘリコプター(海上自衛隊ホームページより)
 20日夜、東京・伊豆諸島の鳥島東約280キロの洋上で訓練していた海上自衛隊のヘリコプター「SH60K」2機が行方不明となった。フライトレコーダーなどが近接した場所で見つかり、防衛省は2機が墜落したと断定。空中で衝突したとみて、詳しい状況を調べている。

 2機には計8人が搭乗しており、このうち1人が救助されたが、死亡が確認された。自衛隊は艦艇やヘリ、航空機を多数投入し、海上保安庁の応援も得て残る7人の捜索を続ける。

 海自によると、行方不明になっているのは長崎県の大村航空基地に所属する機体(機長・松田拓也3等海佐)と、徳島県の小松島航空基地所属のもう1機(機長・板村一輝3佐)。ともに4人乗りで、機長の他に副機長とレーダーやソナーを操作する航空士2人ずつが搭乗していた。海自は死亡が確認された1人の身元特定を進める。

 20日午後10時38分に松田機長のヘリと連絡が取れなくなり、同39分に緊急信号を受信。午後11時4分には板村機長の機体の不明も判明した。ソナーで潜水艦を探知する夜間訓練を実施中で、レーダー記録などから両機が近接して飛行していたことを確認。フライトレコーダーはすぐ近い海域で発見され、海自は2機が空中で衝突して墜落した可能性が高いと判断した。他にローターブレードなど機体の一部や乗員用のヘルメット数個が見つかったという。

 海自は同じ訓練に参加した別のヘリから状況を聞き取るとともに、回収したフライトレコーダーを海自内の解析機関に運んで詳しい分析を急ぐ。約80機保有する同系統のヘリについては当面の間、訓練飛行を停止する。

 現場付近の当時の天候は晴れで、視界や風速に問題はなく、機体の異常も確認されていないという。現場海域は水深約5500メートルあり、機体の捜索や回収は難航が予想される。

 海自制服組トップの酒井良海上幕僚長は21日午後、臨時記者会見を開き、事故について謝罪。「夜間の難しい訓練ではあるが、安全対策が取られていれば事故は防げたはずだ。しっかりと検証したい」と話した。 

回収された哨戒ヘリコプター「SH60K」の機体の一部と思われるもの。フライトレコーダー(海上自衛隊提供)
回収された哨戒ヘリコプター「SH60K」の機体の一部と思われるもの。フライトレコーダー(海上自衛隊提供)


回収された哨戒ヘリコプター「SH60K」の機体の一部と思われるもの。破損したメインローターの断面拡大(海上自衛隊提供)
回収された哨戒ヘリコプター「SH60K」の機体の一部と思われるもの。破損したメインローターの断面拡大(海上自衛隊提供)

このニュースに関するつぶやき

  • 先ずは亡くなった自衛官の方の御冥福を祈ると共に残り7名の安否を願います。事故はヘリでもオスプレイでも車、自転車、徒歩でも起こる�Хåɡʲ�������ただ乗員の救助と生存を願っています
    • イイネ!18
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(51件)

前日のランキングへ

ニュース設定