仲村トオル、グルメドラマ×勘違いキャラで心境地『飯を喰らひて華と告ぐ』実写ドラマ化

12

2024年04月22日 08:44  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

仲村トオル主演、『飯を喰らひて華と告ぐ』実写ドラマ化&7月より放送決定 (C)「飯を喰らひて華と告ぐ」製作委員会
 俳優の仲村トオル主演のドラマ『飯を喰らひて華と告ぐ』が、7月よりTOKYO MXで放送されることが発表された。足立和平氏による同名グルメ漫画(白泉社「ヤングアニマルWeb」連載)が原作。仲村は、男気があり人情厚くお客さんに接する姿を時に力強く、すごく親身なのにすごく的外れな勘違いをする様を時にコミカルに演じ、空気は読めないけど憎めない、人間味あふれる唯一無二のキャラクターを熱演する。

【画像】漫画『飯を喰らひて華と告ぐ』 最新第3巻書影

 路地裏にひっそりと佇む中華屋のような店構えの料理屋「一香軒(いっかげん)」。客の望むものは「何でも出す」と豪語する謎のすご腕店主が営むこの店では、毎日さまざまな人間ドラマが生まれている。訪れる客は、老若男女、千差万別。中には店主に無理矢理連れられてきた者もちらほらいるが、皆が東京という大都会で人生に迷い、少しだけ疲れている。

 そんな客たちの人生の悩みを瞬時に見抜き、その客にベストマッチした最高のクオリティの料理を提供する店主。料理の腕は間違いなく一級品だが、問題は毎回繰り出されるおそるべき”勘違い力”。「どうしたらそうなる?」という斜め上からの勘違いと、もはや奇跡的な思いこみで、全く見当はずれなアドバイス&名言を自信満々に放つのだ。そんなズレまくった店主に客たちは困惑したり、腹を立てたり、笑い出したり。しかし、全員が店に来た時より、帰る時には不思議と少しだけ元気になっている。

 原作者・足立氏の圧倒的な画力で魅せた原作の調理シーンは、実写版でも大きな見どころの一つとなる。「ハンバーグ」「カツカレー」「豚キムチ」「アジの姿造り」など、1話ごとに登場するバラエティに富んだ絶品料理の数々は視聴者の胃袋もがっつりつかむことになるだろう。

 監督・脚本は、映画『ウーマンウーマンウーマン』やドラマ『直ちゃんは小学三年生』などを手掛けた近藤啓介。同じく脚本をコントグループ「テニスコート」のメンバーであり、ソロプロジェクト「画餅(えもち)」主宰の神谷圭介と、劇団コンプソンズの主宰、金子鈴幸が務めている。彼らの独特のテンポと絶妙な台詞まわしでオリジナリティあふれるコメディドラマに仕立て上げる。主題歌はフィッシュマンズの名曲「ごきげんはいかがですか」。独自の浮遊感あるサウンドと切ない歌詞がドラマにエモさを加える。

■原作者・足立和平のコメント
 メディア化は夢見ていたものの、僕は基本的に重苦しい作品を描くタイプなので、なかなか叶わないだろうな…と思っていました。なのでこのお話をいただいた時はまさに『牛の背踊り』に喜びました。

 何度か撮影にお邪魔したのですが、主演の仲村トオルさんの立ち振る舞いが完全に主人公の店主(オヤジ)で笑ってしまいました。そんなオヤジが客を困惑させる『1話完結のグルメ系コメディー』。ダラッと、そしてクスッと皆さまと一緒に楽しみたいと思います。

■主演・仲村トオルのコメント

 まず【TOKYO MX】さんが〈1本12分のドラマを放送する〉ということにひかれ原作を読みました。主人公の空前絶後、唯一無二のキャラクターと彼と出会うお客さんたちのリアクション、本当に美味いものが作られていく感じのする匂い立つような凄い画に「これはやりたい!」と思いました。

 脚本も、短編の中にも起承転結があり、とても面白く、撮影現場も近藤監督、井上監督から、決して僕自身からは生まれないアイデアをたくさんいただき楽しかったです。サラッと見られて「なんか良かった」と感じてもらえるドラマになっていると思います。

このニュースに関するつぶやき

  • で漫画家が自殺したりしないだろな?いらんよ漫画をドラマにするのは。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(9件)

ニュース設定