元乃木坂46高山一実、美しすぎるウエディングドレス姿公開 『ゼクシィ』初表紙で好きなタイプや結婚観を告白

31

2024年04月22日 16:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『ゼクシィ』初表紙を飾る高山一実
 元乃木坂46でタレント・俳優・作家の高山一実(30)が、22日発売の海外ウエディング情報誌『ゼクシィ海外ウエディング2024 Summer&Autumn』(リクルート)の表紙を飾ることが決定した。

【表紙&アザーカット】美しすぎる花嫁姿を披露した高山一実

 『ゼクシィ』からの撮影のオファーについて「もう本当にハッピーです!ブライダルといえば『ゼクシィ』というイメージだったので、もううそなんじゃないかと思うくらい!今までほかの元(乃木坂46の)メンバーが『ゼクシィ海外ウエディング』の表紙をしているのを見て憧れていたので、夢のようにうれしかったです」と喜びをコメント。

 撮影前には「数年ぶりにエステで肩甲骨回りをきれいにしてもらいました」と意気込んでいたといい、ロケ地となったバリについては「暖かいところが好きなので、到着した瞬間からいいなあっていうふうに思いました。ホテルの皆さんが、目が合うだけでほほ笑んでくださって、バリでのウエディングもいいなぁって思いました」と語っていた。

 どんな人が好きかという質問には、「異性から言われて一番うれしいのは昔から『顔が好きです』なんです(笑)。なので、お仕事とかで『ずっとファンで握手会に行っていました』という方に出会うと、『え?本当に私のファンですか?本当にですか?」ってめっちゃ確認して、『本当です!』と言ってもらえると仲良くなりたいなってすぐ思っちゃったりとかして」と告白。「好きな女の子の系統が自分と真逆なので、自分のコンプレックスである顔を褒めてくれるような人は安心感につながる気がして、そういう人がいいなっていうのは昔から変わらないです」と話す。

 結婚相手に求める条件は?という質問には、「言語化してくれる人が良いです」と小説家の一面を感じさせる回答が。「私、話し合いが好きなんです。小学生のときからディベートが好きで、論理的に『こういう理由でこう思うんだけどどう?』って言い合える関係がいいなと思っています。グループを離れてから一人でお仕事をするときにもそういう人とだとやりやすいと感じていて、言語化できる人となら結婚生活でもスムーズにいくのかなっていうふうに思います」としっかりした理由を語った。

 また、理想の結婚式については、「挙式は海外でこぢんまり、旅行を兼ねてブライダルフォトも撮ったりして、披露宴は国内でたくさん友達を呼んでやりたいです。友人の結婚式に参加したときに、『私から見た友人はもちろんすてきだけど、ほかのゲストから見た友人はもっとすてきなんだな』と感じた瞬間が忘れられなくて。自分もそんな式が挙げられたらなと思います」と結婚式に対する思いを明かした。

このニュースに関するつぶやき

  • キリスト教式では肌はあんまり出しちゃいけないどころじゃないこのドレスはなんなの?人前式ならアリだとしてもないわ。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(20件)

ランキングエンタメ

ニュース設定