観月ありさ、十二単の重量に苦労「前にしか動けない(笑)」 竹中直人からの「小学生みたいないたずら」に感謝も

2

2024年04月22日 17:12  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

十二単の重量に苦労したことを明かした観月ありさ(C)ORICON NewS inc.
 映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』(7月26日公開)の製作報告会が22日、都内で行われ、俳優の浜辺美波、赤楚衛二、GACKT、観月ありさ、竹中直人、野村萬斎、武内英樹監督が出席した。

【集合ショット】歴史上の偉人が集結?笑顔で手を振る浜辺美波ら

 本作は、最新のAI技術によって蘇った徳川家康が、総理大臣となり日本を再建していくビジネス小説(著:眞邊明人/サンマーク出版)の映画化。コロナ禍真っ只中の2020年、首相官邸でクラスターが発生し、あろうことか総理が急死した日本を舞台とし、政府は「歴史上の偉人たちをAIで復活させ、最強内閣を作る」という前代未聞の計画を実施するストーリー。

 テレビ局政治部の新人記者として、最強内閣のスクープを狙う主人公・西村理沙役を浜辺、内閣官房長官・坂本龍馬役を赤楚、内閣総理大臣・徳川家康役を萬斎、経済産業大臣・織田信長役をGACKT、財務大臣・豊臣秀吉役を竹中、文部科学大臣・紫式部役を観月が演じる。

 観月は自身の役どころについて、「原作では紫式部という役はなく、男性の偉人だけだったのですが、映画版では女性の偉人も…ということで呼んでいただきました」と喜び、「監督の意向に沿えるようにとにかく頑張りました。『紫式部を演じる』というよりも、『監督の意向に沿って作品の中でいいキャラクターになれるように』と考えていました」と振り返った。

 衣装は十二単。撮影中は「本当に大変で(笑)。周りのみんなにも『大変ですね』と同情されながらやっていました」と笑い、「衣装だけで13キロあり、そこにカツラもつけるので、15〜16キロを抱えてお芝居をしていたんです」と明かす。

 そして「一度着てしまうと、前にしか動けないんです(笑)。後ろに下がったり、横に移動することができなくなる」と苦労を伝え、「本当はもう少し動きをつけたかったんですが、衣装の幅もあるので、なかなかほかの人の近くに寄ることもできず、1人でずっと立っているという孤独な戦いでした」と回顧した。

 そんな中「竹中さんが後ろからいろいろないたずらを仕掛けてきたんです。肩をトントンって叩かれて、苦労して振り返っても誰もいなくて、別のところで竹中さんがニヤって笑っているという…。本当に小学生みたいないたずらをたくさん仕掛けてくれました」と笑い、「そういう意味では孤独を感じず、とても楽しい現場でした」と感謝した。

このニュースに関するつぶやき

  • 詳しく知らんけど徳川家康って信長や秀吉よりも政治家としての才能はあったの? どっちかと言うと(戦争も含めた)政局家としの才能だったように思うけど。
    • イイネ!4
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定