『アンメット』「左半側無視」負ったサッカー少年熱演の島村龍乃介に反響「これは泣くって」 オーディションで勝ち取った難役

0

2024年04月23日 06:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』第2話より(C)カンテレ
 俳優・杉咲花が主演を務める、カンテレ・フジテレビ系月10ドラマ『アンメット ある脳外科医の日記』(毎週月曜 後10:00)第2話が、22日に放送された。島村龍乃介に反響が寄せられた。

【第2話カット】白衣ではない…黒ジャンパー?の三瓶先生(若葉竜也)

 同作は、講談社『モーニング』で連載中の同名漫画を、主人公を変更して実写化。“記憶喪失の脳外科医”川内ミヤビ(杉咲)が、目の前の患者を全力で救い、自身も再生していく医療ヒューマンストーリー。失われた記憶をめぐるミステリーも見どころとなっている。

 島村は、サッカー強豪校のエースだったが、試合中に脳障害で倒れ、左半側無視という重い後遺症を背負った高校生・鎌田亮介を演じる。ミヤビが、同じく脳に障害を持った鎌田の主治医となり、懸命に“つらい現実”に直面する亮介に寄り添っていく姿が描かれた。

 島村は「左半側無視」という体の左側が思うように動かなくなる難役を、オーディションで勝ち獲った。オーディションでは演技力だけでなく、サッカー経験者であることが必須条件だったという。小学校から中学校までサッカー漬けの毎日を送り、リフティングは1000回以上できる鎌田は、ドラマ内でも華麗な足さばきを披露した。

 視聴者からは島村の熱演に「心を揺さぶられた」「島村さんの演技、結構リアル」「繊細な演技に涙」「島村くんの熱演グッときた〜」「これは泣くって」といった声が寄せられている。
    ニュース設定