丸高愛実、第3子妊娠を報告 現在妊娠6ヶ月「残りのマタニティライフも穏やかに」 YouTubeでは「多嚢胞性卵巣症候群」の治療告白

3

2024年04月23日 12:05  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

丸高愛実
 サッカー元日本代表・柿谷曜一朗選手(34)の妻で、タレントの丸高愛実(33)が23日、自身のインスタグラムを更新し、第3子を妊娠していることを報告した。

【写真】長女・次女との家族ショット…第3子妊娠を報告した丸高愛実

 丸高は「この度、第三子を授かりました 妊娠6ヶ月に入り体調が安定してきたのでご報告させて頂きます」と伝え、長女・次女がふっくらしたお腹に寄り添う写真をアップ。「長女と二女は毎日お腹の赤ちゃんに話しかけたり、ちゅーしてくれますとっても愛おしいです」と声を弾ませた。

 「元気に産まれてきてくれる事を願いながら残りのマタニティライフも穏やかに過ごしていきたいと思います!今後とも暖かく見守って頂けるとうれしいです」と結んだ。

 またYouTubeの動画では自身が「多嚢胞性卵巣症候群」であることを公表。生理の周期が安定しなかったことなどから、病院に行ったところ同症候群と診断されたそうで、その治療をしている間に妊娠が判明したという。「ちゃんと無事に生まれてきてくれるかなとたくさん不安はあるんですが、元気に生まれてきてくれることを願いながら、楽しくマタニティライフを送っていけたらなと思います」と笑顔で語った。

 丸高と柿谷選手は2016年12月8日に2年半の交際を実らせ結婚し、18年11月に第1子女児、21年6月に第2子女児が誕生した。柿谷選手は現在、J2の徳島ヴォルティスに所属している。

■丸高愛実の報告全文
ご報告

この度、第三子を授かりました
妊娠6ヶ月に入り体調が安定してきたので
ご報告させて頂きます

長女と二女は毎日お腹の赤ちゃんに
話しかけたり、ちゅーしてくれます
とっても愛おしいです

元気に産まれてきてくれる事を願いながら
残りのマタニティライフも穏やかに過ごしていきたいと思います!

今後とも暖かく見守って頂けるとうれしいです

丸高愛実


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • おめでとうございます。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ニュース設定