吉本興業、一部の週刊誌報道受け所属タレント100人以上にヒアリング「時代に寄り添う意識の醸成・徹底を図る必要性を痛感している」

135

2024年04月24日 13:34  モデルプレス

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

写真
【モデルプレス=2024/04/24】吉本興業が24日、公式サイトを通じて「コーポレートガバナンスの強化等について」のお知らせを発表。一部週刊誌報道を受けての対応も伝えた。

【写真】吉本興業、ダウンタウン浜田雅功めぐる報道を否定「法的措置を検討」

◆吉本興業、一部の週刊誌報道受け所属タレント100人にヒアリング

同社は、お知らせの中で「一連の報道を受けての対応」を発表。冒頭では「改めまして、昨年末の一部週刊誌の報道以降、多くの皆様にご迷惑とご心配をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます」と謝罪し「本件につきましては、当社として、真摯に対応すべき問題と捉え、事実確認等を進めるとともに、様々な教育・研修等を実施してまいりました」と報道後の対応を伝えた。

「昨年末からこれまで、外部の弁護士を交え、報道内容に関係するタレントを含め、若手・中堅・ベテラン・女性タレント等、100名以上に対するヒアリングを行ってまいりました。その中で、『不快な思いや精神的苦痛を受けた方がおられたのであれば申し訳ない』、『たとえ私生活であっても、所属タレントとしての立ち振舞いや社会人としての自覚を大切にすることを再認識した』、『タレント同士が話をして高め合う必要がある』などといった意見が聞かれました」と100人以上へのヒアリングで集まった様々な声を挙げ、「これらを受け、当社としては、早急に、全社員・全所属タレントに対して、時代に寄り添う意識の醸成・徹底を図る必要性を痛感しているところです」と振り返った。

◆吉本興業、今後の対応説明

今後については、ガバナンス及びコンプライアンス体制を強化していくといい、ヒアリングを随時実施し、「指導及び教育を徹底してまいります」と報告。また「全社員を対象に、外部弁護士・有識者を招聘して、コンプライアンス、人権・個人の尊厳、ハラスメントの問題等を取り上げた階層別・部門別の研修等を実施したほか、例年実施している全所属タレント向けの研修において、女性有識者による講演や、社外有識者・代表取締役社長・所属タレントらによるパネルディスカッションを実施するなどしております」と研修を実施していくと伝えている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

このニュースに関するつぶやき

  • あんなチンピラクズを松ちゃん松ちゃんと崇める信者共は奴共々消えていいよ あんなイジメのどこが面白いんだよ戯け
    • イイネ!52
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(100件)

ランキングエンタメ

前日のランキングへ

ニュース設定