「ブルーモーメント」初回、晴原(山下智久)の“一言”に「コード・ブルー」思い出す声続々 トレンド1位の反響も

3

2024年04月24日 23:49  モデルプレス

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

山下智久「ブルーモーメント」第1話より(C)フジテレビ
【モデルプレス=2024/04/24】俳優の山下智久が主演を務めるフジテレビ系ドラマ『ブルーモーメント』(毎週水曜よる10時〜※初回15分拡大)が、24日に放送スタート。山下演じる晴原柑九朗のセリフに注目が集まっている。<※ネタバレあり>

【写真】山下智久、18歳の秘蔵イケメンショット公開

◆山下智久主演「ブルーモーメント」

本作は、甚大な気象災害によって脅かされる人命を守るべく知恵と知識を駆使し、命がけで救助に立ち向かうSDM(特別災害対策本部)メンバーの奮闘物語。山下は、SDM気象班チーフとして災害現場で尽力する、気象学の天才を演じる。

◆晴原柑九朗の“一言”に「コード・ブルー」を思い出す声

気象庁気象研究所・研究官の晴原は、部長である上野香澄(平岩紙)が採用した雲田彩(出口夏希)を自分の助手と認めなかった。「天気予報とは何のためにある?」と問いかけた晴原に、雲田は「外出の時傘を忘れないようにするため?」「洗濯物を濡らさないようにするため?」と返し、晴原は「話にならない。帰れ」と呆れた表情を見せていた。

ある日、福島県北部で急激な悪天候のため、雪崩に巻き込まれた10人が遭難に遭ったという情報が入り、SDMを出動させる。その現場に着いていく雲田に、晴原は再度「天気予報とは何のためにあるのか」と問いかけ、それに答えられなければやめてもらうと課題を出す。

現場に到着した2人は、SDMメンバーで消防班責任者の佐竹尚人(音尾琢真)、消防士長・園部優吾(水上恒司)、ドライバー兼料理人の丸山ひかる(仁村紗和)、情報班の山形広暉(岡部大)とともに要救助者の捜索と避難指示にあたる。その中で、雲田は「天気予報は誰かの命を守るためにある」という答えを出し、晴原は「その通りだ」と認めた。

この「その通りだ」というセリフには、山下が出演したドラマ『コード・ブルー』で柳葉敏郎が演じていたフライトドクター・黒田脩二と重なるという声が続々と寄せられたほか、ジャケットを羽織る姿がドクターの白衣を羽織るシーンと重なるという声も。SNSでの反響が大きく、放送中からトレンド1位を記録していた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

このニュースに関するつぶやき

  • ちょっとしか見てないけど、東京MERのパクりみたいだった。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定