倉木麻衣、日本デビューから25年に感慨「一言では語り尽くせない」 17歳当時に初めて書いたサインも展示

40

2024年04月25日 10:25  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

デビュー25周年を振り返った倉木麻衣(C)ORICON NewS inc.
 歌手の倉木麻衣(41)が25日、東京・東急プラザ銀座で行われる日本デビュー25周年の展示会『倉木麻衣 25th Anniversary “2525” Museum』(4月26日〜5月6日)オープニングセレモニーに参加し、17歳のデビュー当時から現在までの歩みについて振り返った。

【写真】似てる!倉木麻衣の精巧な等身大フィギュアも展示

 倉木は1999年にシングル「Love, Day After Tomorrow」で日本デビューし、今年25周年を迎える。同展はそれを記念して催されたもの。歴代ライブ衣装の展示やフォトスポット、25周年オリジナルグッズの販売のほか、等身大フィギュアも登場するなど、倉木が自ら発案したファンを“2525(=ニコニコ)”させるようなアイデアが盛り込まれている。

 展示エリアには、25年間のさまざまな活動を振り返るコーナーが用意される。倉木は「一言では語り尽くせない。“倉木麻衣”を通じて関わるみなさんの才能と頑張りと愛で成り立ってきた25年。私も“倉木麻衣”を一緒に作らせていただいた」としみじみ。そして「支えてくださっているみなさんのおかげでこういったミュージアムもお届けすることができて、感謝しかありません」と思いを伝えた。

 デビュー当時は「学校からスタジオに行って、制作の合間にサインの練習をしていたりしました」と振り返り、「そのときに初めて書いたサインも展示されています」とアピール。続けて「東急プラザ銀座の外観にジャケット写真が飾られていて、まるでデビュー当時に戻ったような感覚でしたし、エスカレーターに飾られているポスターを見て、制作当時も思い出しました」と喜び、「全部がみどころ」とアピールした。

このニュースに関するつぶやき

  • 歌い手さんなのにこの美貌を維持してるのが凄い。
    • イイネ!7
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(27件)

ニュース設定