地方単位から県ごとに細かく=線状降水帯の予測情報―気象庁

10

2024年05月15日 11:31  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

気象庁=東京都港区
 気象庁は15日、大雨災害の危険が高まる線状降水帯を6〜12時間前に予測して発表する情報について、これまでの地方単位から県ごとに細分化すると発表した。住民や自治体などがより的確に防災対応を取れるように、スーパーコンピューターによる予測手法を改善した。

 予測情報は全般(全国)、地方、県単位の3種類ある気象情報の中で示され、28日午前9時から実施する。広い北海道や島しょが点在する東京都、鹿児島県、沖縄県は域内をさらに細かく分けて予測する。 

このニュースに関するつぶやき

  • ☆米子と安来なんかそうだが、県境が地続きの地域があるから、都道府県なんて行政区界は天気等自然現象には関係無いんだがねぇ? 地形で境界線を作らんと予測は難しいで?
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(7件)

前日のランキングへ

ニュース設定