柄本時生、ドラマ初プロデュース兼出演 共演に賀来賢人、落合モトキ、岡田将生ら集結

9

2024年05月18日 06:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

ドラマ『錦糸町パラダイス〜渋谷から一本〜』に出演する(左から)賀来賢人、柄本時生、落合モトキ、岡田将生
 俳優の柄本時生・今井隆文が、7月12日からスタートするテレビ東京ドラマ24『錦糸町パラダイス〜渋谷から一本〜』(毎週金曜 深0:12)でドラマ初プロデュースを手掛けることがわかった。メインキャストとしても参加する柄本と、賀来賢人、落合モトキ、岡田将生らが肩を並べる。

【ソロカット】豪華!ドラマ『錦糸町パラダイス〜渋谷から一本〜』出演者

 総監督を務めるのは、柄本が20年前に初めて出演した映像作品『4TEEN』、映画『余命1ヶ月の花嫁』『月の満ち欠け』『母性』、直近ではテレビ東京開局60周年特別企画ドラマスペシャル『生きとし生けるもの』で監督を務めた廣木隆一氏。

 掃除屋『整理整頓』の社長・大助役を賀来、社員で大助の幼なじみ・裕ちゃん役を柄本、同じく社員で大助と裕ちゃんの後輩・一平役を落合がそれぞれ演じ、錦糸町で暗躍するルポライター・蒼役に岡田が起用された。

 過去の「汚れ」を掃除する掃除屋の3人と、過去の「過ち」を暴くルポライターの蒼が、東京・墨田区錦糸町を舞台に、さまざまな人との出会い、出来事を通じ、自らの過去と向き合っていく…。登場人物それぞれの心理や感情の動きを丁寧に描いた人間模様を、ドラマのために書き下ろしたオリジナル脚本で届ける。

 4人はプライベートでも親交があり、コロナ禍の2020年には「劇団年一」(読み:げきだんねんいち)を結成。同年5月上旬に第1回作品「肌の記録」を配信し、反響を呼んだ。十年来の友人である4人が芝居を通して作り上げる空気感も見どころとなる。

■プロデューサー 兼 出演コメント

▼柄本時生

元々二十代前半に飲み屋で「なんかやれたらいいよねぇ!」「面白いことやりたいよな!」こんな事を夢みたいに語っていました。
三十代になって実現できるまで来れたんだなと、、、スゴく感慨深い思いです。笑
一緒にやろうと言ってくれた監督、プロデューサー、スタッフ、そして何より今日まで友達でいてくれて「こんな企画出してもいいかな?」と聞いた時に「いいよ!」と言ってくれた3人。。
本当に感謝です!一生懸命働いて頑張りたいと思います!!
「大人」になるというのが今回のテーマの一つです。
ゆっくり話は進んで、ゆっくり終わっていきます。
この機会に「大人」になる事って悪くないかもと思っていただければなと思います。

■出演者コメント

▼賀来賢人

柄本時生がプロデュースする作品のオファーが来ました。
断る理由も、断る権利もありません。もう恥ずかしさを通り越してなにが起きるか想像もつかない楽しい現場になりそうです。
皆さま、時生くんの頭の中を、ぜひ深夜にご堪能ください。

▼落合モトキ

「やっと劇団年一の4人で芝居ができる!」この一言につきます!
廣木監督とも久し振りにご一緒できるのもうれしい限りです。
このキャストさん、スタッフさんで仕事できる機会はこの先ないと思うので、日々の撮影の中で新しいものを見つけていきたいです。
人とのつながり、居場所を再確認できる。
そんなことを感じられるドラマになっていると思います。
毎週この時間を楽しみにして観ていただけたら幸いです。

▼岡田将生

まず、この4人でまた集まり作品をやれることがうれしいです。そして時生さんが軸となり素晴らしいスタッフと連続ドラマをやれることに興奮しています。
わたくしが演じさせてもらう蒼という役。とても謎です。
しかし回を追うごとに少しずつ人物の背景が浮かび上がっていきます。
ぜひ、楽しみながら観ていただけたらうれしいです。あと、個人的に僕の地元に近い錦糸町。子供の頃から行っていました。
このドラマを見たら錦糸町を歩きたくなると思われます。

■プロデューサー・監督・脚本 太田勇(テレビ東京 配信ビジネス局 ドラマ室)

1年前に時生くんと今井さんと3人で渋谷で会ったのが最初でした。その時に時生くんから、「どっちが良いとか悪いとか決めつけたくないというか、決めつけられない群像劇ドラマをやりたいんです」と相談されました。
時生くんはひとつの動画を見せてくれました。白髪まじりの外国人の男性がコンビニでタバコを買う時に、年齢を尋ねられて怒る、という動画でした。外国人男性は、最初は年齢について怒っていましたが、途中から日本で受ける外国人差別の話にスライドしました。時生くんは、「これって誰が悪いんでしょうね?明らかに20歳以上なのに年齢確認をした店員なのか、全員に聞くようにルールを決めた店長なのか、怒ったお客さんか。でも店員は店長に従っただけだし、店長だって国のルールに従っただけです。その外国人男性だって、自分が日本人だったら聞かれなかった、と愚痴を言いたくなる気持ちもわかります」。
自分も似た感覚を持つことがあったので、「面白そう」と思い、3人で脚本作りが始まりました。目指したのは映画『ナッシュビル』の錦糸町バージョンです。

■プロデューサー・脚本・出演 今井隆文

2023年1月。とある作品で地方撮影中、ホテルのラウンジで暇を持て余した柄本時生君から「お茶しませんか?」と誘われ、話しているうちに、とあるノートが出てきました。そこには、時生君が、「劇団年一」でやれたらと思っている企画の数々が、汚い字で殴り書きのようにたくさん書いてありました(笑)。時生君の熱い思いに心を打たれた僕は、ノートをお借りして、時生君が持ち運びやすいように、企画をまとめたものをお渡ししました。そこで僕の役割は終了!と思っていたら、「一緒にやってもらえませんか?」ということで、撮影が終了してからも頻繁に連絡を取りながら、この作品を形にしようと動いていました。
なので、実際にこの作品がスタートでき、発表のコメントを書いていることが不思議でなりません。いよいよ始まるということで、自分自身もがっつりプロデュースする初陣になりますので、ドキドキしています!
日本映画界を支えてきてくださった、廣木組のスーパースタッフの皆さまが集結してくださり、そしてキャストの皆さまも時生君への想いに賛同し、すごい方々が集まってくださいました。
おそらく、多くの関係者の皆さまが、「いろいろ大丈夫?!!!!」と口をそろえて言うと思います!果たして大丈夫なんでしょうか?本当に大丈夫なんでしょうか?テレビ東京さん!クランクインを迎えられたということは、きっと大丈夫でしょう!(笑)
これから、乗り越えるべき山はたくさんありますが、皆さまと一緒に準備した「錦糸町パラダイス」という土台が、スタッフの皆さまと俳優部が入ることによって、どう変化し、監督の編集によって、どんな魔法がかかるのか?いまから楽しみで仕方がありません!
企画・プロデューサー・脚本・出演とおそらく、あまり前例がないことをやらせてもらえているので、携わってくださっている皆さま、観てくださるであろう皆さまへの感謝を忘れずに、撮影を頑張っていきたいと思います!
金曜日の夜のお時間、僕たちに少しください!「錦糸町パラダイス」楽しみに待っていてください!!

このニュースに関するつぶやき

  • レッツゴーよしまさと芸者コントを…
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(5件)

ニュース設定