「アンチヒーロー」明墨(長谷川博己)の“標的”明らかに「黒幕候補?」「意外」と視聴者驚き

2

2024年05月19日 22:04  モデルプレス

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

長谷川博己「アンチヒーロー」第6話より(C)TBS
【モデルプレス=2024/05/19】俳優の長谷川博己が主演を務めるTBS系日曜劇場『アンチヒーロー』(毎週日曜よる9時〜)の第6話が、19日に放送された。長谷川演じる明墨の標的が判明した。<※ネタバレあり>

【写真】「アンチヒーロー」黒幕候補の重要キャスト

◆長谷川博己主演「アンチヒーロー」

本作は「弁護士ドラマ」という枠組みを超え「殺人犯をも無罪にしてしまう」“アンチ”な弁護士・明墨正樹(長谷川)が視聴者に「正義とは果たして何なのか?」「世の中の悪とされていることは、本当に悪いことなのか?」を問いかける、前代未聞の逆転パラドックスエンターテイメント。

◆「アンチヒーロー」明墨(長谷川博己)の標的明らかに

今回、明墨は過去に政治家のスキャンダル記事を書いた出版社の元副編集長・沢原麻希(珠城りょう)の弁護を請け負う。控訴審で新しい証拠を提示したものの、瀬古判事(神野三鈴)に不採用とされた。

そんな中、12年前の千葉県で起きた横領事件、糸井一家殺人事件について検事正の伊達原(野村萬斎)が関与していたことが発覚。この2件に加え、弁護士・赤峰(北村匠海)が過去に担当していた事件も、すべて瀬古判事が担当していたことも判明した。これを受け、明墨が標的として見据えていた人物が、12年前に志水に死刑を言い渡した瀬古判事であることが明らかに。赤峰は「仮にこのストーリーが合ってるんだとしたら、瀬古判事には何か、暴くべき闇があるということになる」と仮説を立てた。

これまで謎に包まれていた明墨の真意に辿り着き、ネット上では「ようやく繋がってきた」「瀬古判事は黒幕候補?」「まさか瀬古判事だったとは…」「意外かも」「一気に動き始めた」など反響が寄せられている。(modelpress編集部)

情報:TBS

【Not Sponsored 記事】
ニュース設定